経営を推進する力×リスクマネジメント NEWTON ACADEMY

1DAYで学ぶ有事に使えるBCP研修
有事に使えるBCPをワークショップで策定する

  • BCP
  • 1日
  • 実務担当者

本研修は、BCPの知識及び策定手順を短期集中で学べるコースです。

BCPとはそもそも何か、何を目的に、どういった事態を想定して行う取り組みか、どういう組織に必要なものか、具体的にどうやって策定すればいいのか、何が勘所でそれを押さえるためには何に気をつければいいのか、といったことについて、BCP初心者でも一日の研修で身につけることができます。
 

BCPとは?
BCPとはBusiness Continuity Plan(事業継続計画)の略です。突発的に事業を中断させる事象が起きた場合でも、経営者が望むスピード・レベルで事業再開・継続するために、平時から行っておく備えのことです。なお、事業を中断させる事象とは、例えば、大地震、風水害、大規模停電、テロ、大規模システム障害、パンデミックなど普段は滅多に起こりえないもののひとたび起きると大きな影響をもたらすものを指します。
また、平時から行っておく備えには、有事の特別なルール作りや研修などの教育、備蓄品や代替機材といったモノの確保、実際に慌てずに行動できるようにするため訓練など、普段から行っておくべき活動の全てを意味します。
 

 

本コースの特徴
他社の研修とはここが違います

・圧倒的な支援実績に裏付けされたノウハウを盛り込んだコースであること

・実際のBCPとして活用可能なツールを使いながら、本番同様のPDCAを実践経験できること

・BCPに必要な知識と策定のための技術を、初心者でもたった一日で習得できること

 

本当に初心者でも、たった1日で学べるのか? と思われるかもしれませんが、大丈夫です。それは次のような裏付けがあるからです。
 

・実際に生の現場で何十社ものBCPコンサルティングを行っている講師が教壇に立ちます。どんな質問にも答えます

・業界でナンバーワンの1500社を超えるBCP支援実績で磨き上げてきたツール類(テンプレート)を使います

・実際に似たような制約時間と進め方でお客様を支援し、成果を残してきた実績があります

・一方的な座学ではなく、参加者自身が考えに考え、全てのステップとツールを使った実践を体感する授業内容です。研修の中で、BCP策定のファーストステップから訓練、次年度に向けた活動準備までのPDCAサイクルを、参加者自身に体験し経験を積んでいただきます
 

しかも次のようなメリットがあります。
ご参加者全員に教材テキスト、事業継続手順書、BCP演習計画書等の豊富なツールが入っているDVDをご提供します。コースで得たノウハウとツールデータを自社に持ち帰り、BCP策定・演習計画・活動計画の立案に活用できるようになります!

 

こんな方にオススメ

BCPをお持ちでない企業のBCP策定担当の方
BCPを策定した経験のない方
BCP担当者となったが、何をどのように進めればよいかわからない方
自社での訓練計画をどのように作成すればよいかわからない方
企業のBCP管理部門のリーダーなど、BCPの企画立案を進める立場にいる方
短い時間でBCP策定を学びたい方
災害時に優先で考えるべきことを明確にしたい方
※同じ組織内でも複数名の受講がおススメですが、1名からでも参加可能です。
​​​​​​​※下記画像はイメージです

  • ※画像はイメージです
  • ※画像はイメージです
お申し込みはこちら

プログラム

時間割 テーマ/内容
10:00-10:10 イントロダクション
10:10-10:30 なぜ、事業継続計画(BCP)が必要なのか・BCPとは
  • BCPにおける行動計画の種類(緊急時対応計画: 安全確保のための初動、危機管理計画:指揮を取るための対策本部、事業継続計画: 被災下での業務再開・継続) 
10:30-11:30 ワークショップ①発災直後の活動ルールを決めよう(緊急時対応方針、緊急時社員ハンドブックなど)
11:30-12:00 ワークショップ②自組織について整理してみよう (ステークホルダー分析など)
12:00-13:00 昼休憩
13:00-13:40 ワークショップ③対策本部の活動を決めよう(災害対策本部活動要領、安否確認リスト、被災状況確認リスト、サプライヤリストなど)

13:40-13:50 休憩
13:50-15:10 ワークショップ④業務を継続するための手順を決めよう(事業影響度分析、事業継続手順など)
15:10-15:20 休憩
15:20-16:10 ワークショップ⑤BCPの演習計画を立ててみよう(演習計画書、演習シナリオなど)
16:10-16:30 ワークショップ⑥BCPの活動計画を立ててみよう(BCP活動計画、BCP施策実行計画など)
16:30-17:00 クロージング

 

【図:BCPの構成要素】

※研修テキストより

開催スケジュール

開催日程 開催場所 受付状況
2017年2月14日(火)10:00~17:00 当社セミナールーム 受付終了
2017年6月14日(水)10:00~17:00 当社セミナールーム 受付終了
2017年8月2日(水)10:00~17:00 当社セミナールーム 受付終了
2017年10月24日(火)10:00~17:00 当社セミナールーム 受付終了
2017年12月6日(水)10:00~17:00 当社セミナールーム 受付終了
2018年2月14日(水)10:00~17:00 当社セミナールーム 受付終了
2018年6月13日(水) 10:00~17:00 当社セミナールーム 受付終了
2018年10月23日(火) 10:00~17:00 当社セミナールーム
2018年12月5日(水) 10:00~17:00 当社セミナールーム

開催事項

受講料 10万円(税別)/1社3名まで
定員 20人 (最小催行社数:3社)
その他 資料はすべて弊社が準備します。筆記用具をご持参ください。
お申し込みはこちら

担当講師の声

BCPは日本語に直すと「事業継続計画書」となり、どうしても文書のイメージが強くなります。したがって、「文書の雛形やサンプルさえあれば、自分たちでもなんとかできる」「我が社には、立派な文書があるからとりあえず最低限のことはできているはず」と勘違いされてしまいがちです。しかし、数十社でBCP訓練をご支援したり、実際の被災時にお客様の行動を拝見したりする機会がありましたが、誰一人として「文書」を読みながら行動している人はいませんでした。

これはすなわち、人は記憶に残っていること、体に刷り込まれていることだけに頼って行動するということを表しています。そうです。BCPは文書ではないのです。有事の行動を体にいかに染み込ませるか、それを1年、5年、10年、数十年というスパンで継続し続ける活動こそがBCPなのです。
この「BCP=活動」というポリシーに従った策定ステップやツール、各種工夫がニュートン流BCPであり、1500社以上を超える支援実績の中で磨き上げてきたノウハウの提供こそがこの研修の醍醐味です。BCPの策定から運用マネジメントの仕組みづくりまでのイロハを1DAYで一緒に学んでいきましょう!
 

本研修を受けることでこのような効果を得られます

  • BCPやこれに関連する専門用語について、理解し、説明できるようになります
  • BCP策定の成功要因・失敗要因について理解し説明できるようになります
  • 簡単なBCPの策定ができるようになります
  • 自組織におけるBCP策定方法を考えることができるようになります
  • 自組織のBCP策定や改善を進めるにあたり、何が課題かを特定できるようになります

【参考】BCP事務局に必要なスキルとは

組織のBCP構築を成功させる為にはトップマネジメントのリーダーシップと事務局の力量が必要不可欠です。事務局に求められる力量には次のようなものがあります。下線部は、本研修でカバーされるものです

  1. 知識
    ・BCPの目的とこれに関わる用語(BCP、緊急時対応計画、危機管理計画、事業継続計画、MTPD、RTO、RLOなど)
    ・BCP策定の流れ
    ・BCPの失敗要因と回避方法
    ・自社の事業・業務概要
    ・BCP策定に関わる分析手法(ステークホルダー分析、事業影響度分析、など)
     
  2. 有事に有効な対策
    ・技術
     
  3. プロジェクトマネジメント
     
  4. ファシリテーション
     
  5. BCP分ツールの活用
     
  6. 訓練設計・運営
    ・経験
     
  7. BCP構築(PDCAサイクル)の実経験
     
  8. 社会人業務経験数年

参加者の声

  • 講師の方に質問に丁寧にご回答いただいたので、わかりやすかったです

  • 初期動作として取るべきアクションプランのイメージができ、どこにリスクがあるのかを絞り込むことができました

  • 事業復旧にあたり、会社全体を見渡して重要業務の整理ができ、BCP策定の方向性が見えました

  • サンプルを参考に実際にツールに書きこむことでポイントが整理され、また、都度質問もできてとてもわかり易かったです

  • BCP策定の基準を一から学ぶことができました
当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる