事例紹介: 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ

株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ 代表取締役社長 村口 和孝氏

データセンター二重化で
セキュリティビジネスを継続

株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ ロゴ

代表取締役社長 村口 和孝氏

想定リスク: 東京湾北部地震
業種: 情報通信業

-事業内容を教えてください。

当社はセキュリティ/認証技術領域において日本でもトップクラスの技術や特許を有しており、当技術を事業の中核として、セキュリティ関連ソフトウエアの開発・販売と保守、セキュリティ診断サービスと診断結果に基づくソリューションの提案及び実装、SOLサービス(セキュリティ保護機能を備えたクラウドによるデータバックアップ・サービス)、そしてセキュリティ・コンサルティングサービスの事業を展開しております。

-今回BCP策定に取り組まれた理由を教えてください。

社内では地震対策や備蓄等、ITシステムについては、DISKのRaid化やサーバの二重化を既に実施していましたが、備えとしてこれで良いのか不安でした。

また東日本大震災の際には業務が一時混乱し、さらに復旧の最中に前社長が病気で急死したこともあり、正常な状態に戻すのに大変苦労しました。その一方で、お客様から、データのバックアップ・サービスのおかげで事業継続につながったというお話をいただき、災害などで万が一当該サービスが止まってしまったら、お客様に大変なご迷惑をおかけすると共に社会的責任も果たせないと強く感じました。サービサーとしての責任を果たすため、“何があろうとお客様のデータを守り抜く体制を構築したい” との思いを実現すべくBCP策定に取り組むことにしました。

-策定されたBCPの内容を教えてください。

今回のBCPの最大のポイントは、種々のリスクに対応するために、バックアップ・サービスで使用中のデータセンターを二重化するか否かにありました。BCP検討会が経営会議の様相を呈し、最終的には経営理念まで立ち返って決断をしました。

また、本社オフィスが使えない、担当技術者が外出中等の状況下でも、サービスを提供しているシステムの稼働状況の確認や、必要な作業が任意の場所で実施できるよう、システム面の仕組みの組み込みや、非常用作業キット(ノートPC、外部バッテリー、携帯電話・充電器、通信カード等)を用意することにしました。

当社のセキュリティ技術を駆使した事業継続策は、他企業の情報システムのセキュアな遠隔操作にも有効なソリューションだと思います。

対象事業SOLサービス(セキュアバックアップ・サービス)
対象リスク東京湾北部地震
被災シナリオ・データセンター被災によるサービス停止
・本社ビル立入不可
・オフィス機器、ITシステム 一部故障・使用不可
対策・データセンターの分散化(二重化)
・パートナーや外部サービス業者との連携協議
・「非常用作業キット」の用意とこれを携帯する専属エンジニア配置
・バックアップサービス・システム使用
・任意の場所から監視と必要な作業を行うヘルプデスク機能を継続
・ホームページ及び携帯メールによる重要顧客への被災復旧状況の通知

-苦労されたポイントはありましたか?

最初は、(例えば被災想定など)何を根拠にどのように発想すれば良いのか、そこから何を考えれば良いのか戸惑いやフラストレーションを感じましが、コンサルタントのガイドに従って検討を進めるうちに“目からウロコ” のように視界が開け全体が見えるようになったと感じています。

行政から出ている地震についての被災想定を参考に、極力“想定外” を無くすよう自社の状況を想定し、それに基づき自分達の身の丈に合った対策を考えていきました。担当技術者が「非常用作業キット」を用いて任意の場所から必要な作業・監視をできるようにするというアイデアは、本社ビルの立入不可を想定したことから生まれました。

参加社員も、策定後は発災直後からいつ何のために何をすべきかを明確に理解できるようになり、事業継続の本質的な目的も深く認識できるようになりました。

-BCPを策定した感想をお願いします。

当社“SOLサービス”は、情報システムスタッフのいない中小企業に貢献すべく、“何があろうとお客様のデータを守り抜く”との強い思いのあるサービスです。今回それを実現するためのBCPが策定できて大変満足しています。
今後は、全社員への啓蒙・浸透活動の徹底を実施していくと共に、BCPに裏打ちされた“SOLサービス”を、自信を持って中小企業のお客様にご提案していきたいと考えています。事業継続のためのデータバックアップをご検討の際は、お声かけください。

株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ BCP策定プロジェクトメンバーの方々

関連サービス詳細

プロジェクトメンバー

代表取締役社長村口 和孝 氏
セキュリティ診断事業部 事業部長松浦 守男 氏
管理部総務G マネージャ藤田 真弥 氏
営業G 工学博士辻 貴介 氏
営業G アシスタントマネージャ林 佑三 氏
営業G アシスタントマネージャ日暮ひとみ 氏
営業G 技術担当伊藤 哲 氏
セキュリティ診断事業部 マネージャ岩本 耕一 氏
セキュリティ診断事業部 アシスタントマネージャ東 大輔 氏
開発担当部長飛島 崇之 氏
会社情報
称号: 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ
本社所在地: 東京都品川区西五反田1-13-7 マルキビル3 階
設立: 1999年11月
資本金: 2,500万円
従業員数: 15人
代表者: 代表取締役社長 村口和孝
印刷業: セキュリティ関連コンサルテーション、関連ソフトウエアの開発と販売、データのセキュア
バックアップ・サービス等
URL: http://www.trinity-ss.com

(2012年3月末日現在)

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる