事例紹介: 一般社団法人日本医療機器工業会

一般社団法人日本医療機器工業会 理事長 松本 謙一氏

行政からの医療機器緊急要請に
確実に対応

一般社団法人日本医療機器工業会 ロゴ

理事長 松本 謙一氏

想定リスク: 東京湾北部地震
業種: 団体

-事業内容を教えてください。

日本医療機器工業会は人工呼吸器、麻酔機器、吸引器、手術用メスなどの医療機器を製造、販売する企業及び団体を会員とした組織です。政策部会、安全部会、総務部会の3部会と人工呼吸器委員会、ISO/TC121国内委員会など16の各種専門委員会などにより、会員企業の意見・要望などを集約し、政策提言及び情報提供を行います。また厚生労働省、経済産業省など関係省庁への協力、災害時には行政及び医療機関と協力し、緊急時安定供給対応支援なども行います。

-今回BCP策定に取り組まれた理由を教えてください。

BCP策定に取り組んだきっかけは、東日本大震災の際に、行政、医療機関などとの連絡窓口として大変苦労したためです。限られたメンバーで24時間体制で対応し、何とか非常事態を乗り切りました。その一方で、会員個々の機密保護や安全対策の面など課題が多々あり、もう少し地に足がついた対応ができなかったものかと反省が残りました。各会員企業も同じような思いではないかと思います。

こういった緊急の業務が工業会として重要であることをかんがみて、定款に「災害等緊急事態発生時の関係官公庁、関係団体並びに医療機関との連携及び対策の実施」を追加したのですが、これを会員企業とともに具体化するという使命を持って応募致しました。

-策定されたBCPの内容を教えてください。

当工業会のBCPの目的は、「日本医療機器工業会職員及び訪問会員の安全確保」、「医療機器の緊急時安定供給のための支援」、「災害時の会員及び行政へのタイムリーな情報の発信」です。
特に生命維持関連医療機器( 人工呼吸器、吸引器、酸素濃縮器、人工呼吸器関連)などの生命維持に関わる医療機器は、災害時には緊急性、重要性が一層増すため、傘下の企業や団体と連携し、行政及び医療機関の情報のハブとして、少人数の事務局が機能するための対策を考えました。

当工業会は会員企業・団体数が139と多いため、緊急時には携帯メールでの全会員に対する連絡は不可能なので、PCメールを情報ハブとして、災害時・停電時にも使えるようPC、インターネットのインフラを、ノートPC、無線インターネット接続に変更し、停電時用ノートPCのバッテリーの購入などの対応により、常時使いながら運用費用は現状とほとんど同等とする対策としました。

対象事業医療関連機器の緊急供給/情報発信
対象リスク東京湾北部地震
被災シナリオ・建物は損壊(倒壊はしない)
・事務所の電気系統破損
・事務局長負傷入院
対策・デスクトップPC、固定光インターネットをノートPC、無線インターネット接続に変更
・PC・携帯メール、携帯電話、自宅電話も含めた連絡網を構築し
・会員企業・団体の被災状況確認、緊急供給支援、行政からの緊急情報発信
参加企業 ㈱秋山製作所、㈱ノルメカエイシア

-苦労されたポイントはありましたか?

団体でのBCP作成は、個別企業の場合とは大きく異なり、主従の関係もなく、主体性を持った顧客である多数の会員企業にどうアプローチをするかという点で難しい面がありました。

工業会事務局という形態は情報の「ハブ的存在」で、今回のBCP策定によって、その重要性を改めて認識しましたが、同時に工業会と会員企業の間のインフラ面・連絡網が未整備であったこともわかりました。その際に今後連絡用のリストに会社の連絡先、個人の携帯電話情報に加え、自宅連絡先まで載せた場合、個人情報の扱いなど、検討の必要性を感じました。

またBCP策定の過程で、停電時のPC、携帯電話の電源供給がまったく考えられていなかったことにも気付きました。そして、最も考えなくてはならなかったことは「家庭と業務」、また「工業会と個々の会員企業」のどちらを優先させるのかなど、判断に迷う場合の対応についてでした。

-BCPを策定した感想をお願いします。

BCPがなかった時に比べて、対策などを具体化することができ、対応に多少自信がつきました。今後はPDCAを回すこと、定期的な訓練や連絡網の見直しの重要性を認識しました。実際の災害時には、演習の数倍の安全確保の必要性や業務がなだれのように起こり、それを判断し、処理していかなければと思うと、もっと詳細な検討が必要で、事務局及び会員企業との連帯感を失わないように継続していきたいと思います。

一般社団法人日本医療機器工業会 BCP策定プロジェクトメンバーの方々

関連サービス詳細

プロジェクトメンバー

理事長松本 謙一 氏
副理事長武井 和之 氏
事務局長山下 克巳 氏
務局主任池上 江美子 氏
会社情報
称号: 一般社団法人日本医療機器工業会
本社所在地: 東京都文京区本郷3-39-15 医科機器会館5F
設立: 2009年7月/1974年「日本医用機器工業会(JAMEI)」
資本金: -
会員数:135社4団体
代表者:理事長 松本謙一
事業内容:医療機器産業発展のための各種政策提言と情報提供
URL: http://www.jamdi.org

(2012年3月末日現在)

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる