事例紹介: 栄和建物管理株式会社

栄和建物管理株式会社 代表取締役 小網 英彦 氏

多岐にわたる建物管理業務ノウハウを
集大成してBCPを策定

栄和建物管理株式会社 ロゴ

代表取締役 小網 英彦 氏

想定リスク: 東京湾北部地震
業種: サービス業

-事業内容を教えてください。

当社は、1958年に創業して以来、社名の由来でもある「和を以って栄える」という精神のもと、建物の管理運営に取り組んでまいりました。オフィスや居住の快適な環境を実現するための建物管理サービス事業を全国展開しています。具体的には清掃業務、設備管理業務、警備業務、マンション管理業務などです。主に管理する建物はオフィスビルやホテル、病院、商業施設、住宅などがあります。建物管理のプロとして、高品質なサービスを提供するという理念で経営しています。

-今回BCP策定に取り組まれた理由を教えてください。

東日本大震災発生に伴い様々な影響がありました。特に仙台支店管轄内では、現場の被災状況把握が進まず、災害対策本部としての機能が十分発揮できませんでした。また、管理する建物の一部損壊などにより、通常業務に戻るまで一定期間を要する現場もありました。その後、災害時における社内規定の見直しを進めていたところに、東京都BCP策定支援事業に参加した取引先企業から本事業を勧められたのが参加のきっかけです。

当社の最大の経営資源は社員であり、今回の取組の目的の一つに「社員の安全を最優先し、雇用の確保に努める」ということを掲げております。また今回の取組は、ビルメンテナンス業を営む上で、お客様への責務であるとも考えました。

当社の業務内容は、清掃・設備・警備・工事など多岐にわたっています。日常の管理業務は、計画通り着実に運営実施することが重要です。さらに緊急時には、マニュアルにもとづきながらも臨機応変に、あらゆる状況へ柔軟に対応することが求められます。この取組は、弊社が長年培ってきた建物管理業務のノウハウを集大成することにつながるとも思いました。

-策定されたBCPの内容を教えてください。

今回は全社的にBCPを展開するためのモデルケースを作りたかったので、代表的なビルを選抜し、業務内容も設備管理業務に限定しました。

主たる日常の設備管理業務は運転管理、電気・空調・給排水・消防の設備保守などですが、災害時には、避難誘導、安全確保、安否確認、設備点検による被害状況の確認、各関係先への報告、応急措置、設備復旧と、様々な業務を行います。

今回は人的及び物的被害をもたらす大災害として東京湾北部地震を想定しました。具体的には電力の停止や水道・ガス停止など社会インフラへの影響や、負傷者や公共交通機関のマヒによる帰宅困難者の発生等の非常事態を想定しました。管理する建物にも大きな被害が生じ、停電や設備機器の損傷により、建物機能が大幅に低下したなかでの社員やテナント様の安否確認や避難誘導などの初期対応や代替要員の確保、復電に向けた復旧対策を策定しました。

社員の出社困難については、清掃など他の業務や他ビル現場から社員を配備し、協力会社とも連携して基幹業務を遂行します。また、無線電話などによる緊急連絡の即時対応や損傷した設備の応急処置、設備の専門会社との連携など速やかに修理復旧を行います。

停電に備えてオーナー様に自家発電設備の強化を提案するなど、事前にできる対策にも力を入れます。

対象事業設備管理業務
対象リスク東京湾北部地震
被災シナリオ・ 負傷者1割、出社困難者
・ 社会インフラ停止により電気設備(停電3日間)が稼働しない
予防・低減策・ 他部門の要員による応援体制の構築、教育訓練、現場交流
・ 自建物オーナーへの家発電設備強化や備蓄品配備の提案、復電訓練
代替策・ 代替要員による対応
・ 協力会社との連携による業務の遂行

-苦労されたポイントや、新たな気付きはありましたか?

設備点検などにおけるマニュアルや連絡手順などは従来より作成していましたが、体系的に整備されていないことに気付きました。また、文章のみの記述でわかりにくい資料もありました。今回の策定のために、建築図面を活用して各フロアーの被災時チェックリストを作成しました。これは日常の点検でも活用できる大変良い資料ができたと思っております。

このように、普段大きな問題としていなかった部分をクローズアップした有効性の高いBCPを策定できたと思っています。また、危機に対して高い問題意識を持ち続けようという認識を、社内で共有することができました。

今回モデルにしたビルのオーナー様もBCP策定に取り組んでいました。今後、基本方針等の計画をすり合わせ、より実効性の高いBCPに進化させることを目指します。

-BCPを策定した感想をお願いします。

今回は一つのモデルケースについて策定しましたが、この取組によりスタートラインに立つことができたと感じています。ここからが始まりです。今後はすべての事業、支店、グループ会社にBCPを展開していきたいと思っています。

栄和建物管理株式会社 BCP策定プロジェクトメンバーの方々

関連サービス詳細

プロジェクトメンバー

代表取締役小網 英彦 氏
常務取締役千葉 佳範 氏
経営企画部兼総務部 次長齋藤 力夫 氏
技術部 次長飯田 泰文 氏
統括責任者松本 良一 氏
会社情報
称号: 栄和建物管理株式会社
本社所在地: 東京都港区南青山1-1-1
設立: 1958年7月
資本金: 3,000万円
従業員数: 1,560人
代表者: 代表取締役 小網 英彦
事業内容: ビルメンテナンス業
URL: http://www.etk.co.jp

(2012年12月末日現在)

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる