コンサルタントコラム

素晴らしいにんにくの3つの効果

2017年09月13日

コンサルタント

瀧川 晴華

皆さま、こんにちは。
コンサルタントの瀧川です。

9月に入り、ようやく猛暑の日々も落ち着く頃ですが
まだまだ残暑が続く季節でもありますね。
暑くて体力の奪われる季節、皆さまはどのように乗り切りますか?

運動、クーラーの効いた部屋で映画鑑賞、避暑地へ旅行、
プールなど、色々あると思いますが私の場合、
にんにくを食べることです。

こんなことを言うといつも周囲の顔に?が上がることが多いです。
平日は食べれない、そもそもそんなににんにくを食べることがない
などの意見も多くあると思いますが、
今回はそのにんにくの素晴らしさをお伝えしたいと思います。

私のにんにく好きは留学をきっかけに始まりました。
大学生の頃、アメリカに留学していた時、学生寮に住んでいました。
寮には大きな食堂があって、
バイキング形式で好きなものを好きなだけいただくことができます。
しかしそのラインナップは
ピザ・ハンバーガーを筆頭にオイリーなものが多く、
ハンバーガーやピザなどがあまり好きでない私は、
インスタントラーメンに頼っている時期がありました。

そんな私を見かねた韓国人の友人が
よくサムギョプサルを作ってくれました。
サムギョプサルはキムチや焼いたにんにく、
サンチュなどと一緒に食べます。
そのときに食べたにんにくがとても美味しく、
見事ににんにくにはまりました。

今も食事に行ってにんにくのメニューがあると必ず注文します
(もちろん親しい友人といるときですが)。
そして自宅の冷蔵庫にはにんにくを常備し、
ありとあらゆる料理ににんにくを忍ばせます。

そこで気になる世界のにんにく消費量ですが
一人当たり平均約800gだそうです。
日本では年間一人当たり約400gと私にとっては少し悲しい結果でした。
世界のにんにく消費量第一位は韓国で、
一人当たり年間約7?以上ものにんにくを消費するとのことです。
私自身、海外旅行が大好きで韓国へはもう10回行っているのですが、
おおよそどんな料理にもにんにくが入っていて韓国料理は大好物です。

ついにんにくついて語ってしまいましたが、
今回は素晴らしいにんにくの効果を具体的に3つ、
お伝えしたいと思います。

1.ストレス解消
まず一つ目はストレス解消になることです。
にんにくには独特の匂いがありますよね。
その匂いの正体はにんにくを切ったときに発生する
アリシンという成分が正体です。
このアリシンには神経を鎮静・安定させたり、
疲労を回復させる効果があります。
そしてにんにくは疲労を防止する
ビタミンB1 の吸収率をあげ、働きを高めます。
また、にんにくはストレスによる食欲不振にも効果があり、
胃腸の動きを促進させてくれます。
そして、週末に次の日を気にせず
友人や家族とにんにくを食べるあの瞬間が
なんといってもストレス解消ですね。

2.健康への効果
そして2つ目です。にんにくには健康にも素晴らしい効果があるのです。
1990年にアメリカの国立がん研究所が発表した
「デザイナーフーズ計画」ではがん予防に効果のある野菜では、
にんにくが野菜の中で最も効果のある野菜であると発表されています。

また、その効果を出すために必要な量は
1週間に3片程度で十分だそうです。
さらににんにくには抗菌作用や殺菌作用もあり
風邪の引きはじめや回復にも効果があります。
私自身風邪を引いたかな?というときは
必ずにんにくとにらを使ったスープや雑炊を食べます。
効果は絶大です、大体回復します。風邪を引いたときの習慣となっています。

3.美容効果
そして、なんとにんにくには美容効果もあるのです。
さきほどがん予防に役立つことで紹介したアリシンには
ビタミンB1の吸収を高める働きがあります。
ビタミンB1には疲労を回復させたり脳の活動を活性化させるだけでなく、
肌の代謝をアップさせる効果があります。
肌荒れや肌の老化にも効くということですね。

この効果に関してはあまり意識をしたことはありませんが、
確かににんにくをたくさん消費する韓国や中国の女性は
肌がきれいなイメージがあります。
そしてにんにくには便秘解消効果もあります。
前述のアリシンは抗菌作用が強く血行を促進させる効果があり、
腸のぜん動運動を活発化させます。
またにんにくに含まれる水溶性の食物繊維は
便を軟らかくする効果があります。

便秘がちな人にとってはありがたいですね。
でも、にんにくには上記で説明したように強力な殺菌作用があるため
食べ過ぎには注意です!
胃腸を刺激しすぎてしまいおなかが痛くなります(経験談)。


ちなみに、にんにくのにおいを消すには以下が有効です。
にんにくは加熱するとにおいが弱まり甘みが増しておいしくなります。
また、緑茶やコーヒー、牛乳やリンゴが効果的です。
私はコーヒーが好きなのでよく食後にコーヒーを飲みますが
効果を感じられます。

以上、にんにくの素晴らしさを少しでもお伝えできたら幸いです。
素晴らしい効果のあるにんにくと上手に付き合い、
末永く健康に生活を送りましょう!

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる