コンサルタントコラム

「和太鼓」始めました

2018年02月23日

コンサルタント

滝沢 紀子

コンサルタント 滝沢 紀子

「ご趣味は?」

誰しも一度はこんな質問を受けたことがあるのではないでしょうか。

質問されたことはなかったとしても、自己紹介のメジャーな項目のひとつですし、履歴書にも記載欄があるくらいですから、自分の趣味について何らかの形で紹介するというのはよくある場面だと思います。

こんにちは。コンサルタントの滝沢です。

実は私は、「自分の趣味について話をする」ということが
長年苦痛でした。

その理由は、趣味らしい趣味を作ることが苦手で、人に話しても
伝わりづらいためです。それならば、と新しいことにチャレンジ
しようにも、続かずにすぐにやめてしまうイメージしか持てず、
一歩踏み出すことができずにいました。

しかし、そんな私も変わる時が来ました。
タイトルですでにネタバレしていますが、昨年から和太鼓教室に
通い始めたのです。約20年ぶりのお稽古事です。

「和太鼓始めました」と言うと、たいてい「ストレス発散
でしょう」と揶揄されます。

私がバチを振りかざし、力いっぱい思うままに太鼓をたたき
つけているところを想像されているのかもしれません。期待を
裏切るようですが、そんな目的で始めたわけではないのです。

初めて太鼓をたたいたその日に、悟ったのです。

これは、「やる」か「やらないか」ではない、
「どこまでやりたいか」だと。

そしてその場で入会を申し込み、1か月後には今のクラスの
仲間入りをしていました。

始めてすぐにわかったのは、演奏中は完全に頭の中が太鼓に
集中せざるをえないということでした。腕の上げ下げや所作、
音の強弱、リズムなど、意識すべきことが山ほどあります。

まだまだ初心者ということもあるでしょうが、余計なことを
考えるスキなど全くありません。

「お腹がすいた」「ビールが飲みたい」など、頭を
よぎったが最後、次の動きについていけなくなるため、邪念を
抱く余裕などないのです。

とはいえ、太鼓教室がストレス解消になっている、というのは
あながち間違いでもないかもしれません。

ストレスをバチにのせて叩くから、ではなく、週に1回、
無心で目の前のことに集中すること、そして仕事も生活も
関係のない、まったく新しい仲間たちとコミュニケーションを
取るということが、適度な気分転換になっているように思います。

また、教室では半年に1回発表会があり、それに向けて半年間
練習を重ねていきます。

一つの目標に向かって一丸となって進んでいくというのは、
学生時代の合唱祭や文化祭に似た高揚感がありますし、舞台の上の
緊張感は業務で感じるそれとは別種で、刺激的です。

コンサルタントという職業柄、人前で話をする機会はそれなりに
ありますが、ワークショップや訓練など、ある程度の時間の中で
進めていくことが多いです。

対して、太鼓の出番は1曲のみ、時間にして5分足らず。
やり直しはできませんし、ミスをそれっぽく補って何食わぬ顔で
曲に戻るなどという、高等技術もありません。
まさに瞬間一発勝負です。

だからこそ、達成した後の爽快感は他では味わえない、
特別なものに感じられます。

さて、和太鼓を初めてもうすぐ1年。2回目の発表会が近付いて
きています。

今のところ順調ですが、始めたばかりのころは、本当に通い続け
られるのかどうか不安に思っていました。

業務との折り合いがつかずにだんだんと通えなくなり、
退会するのではないか、という懸念です。

回避すべくノー残業デーにあたるようクラスを選びましたし、
1か月の間であれば他のクラスに振り替えることもできますが、
仕事を優先せざるを得ない状況に陥ることは何度もありました。

こういった事態を可能な限り回避するため、現在は太鼓教室の日は
定時以降の予定はすべてBLOCKすることとしました。
加えて、所属しているチームからも支援を受けられるようになりました。

これは何かというと、私が所属しているソリューションチームでは、
今年のスローガンとして
「チームメンバーのやりたいことを、チームが叶える」
を掲げており、各人のやりたいことをチームメンバーで支えあおうと
しています。

上司が私のやりたいことを「太鼓教室に休まずに通うこと」に
設定してくれたため、教室の日に18時を過ぎても席に残っていると、
チームメンバーからも「なにか代わりにできることはないですか?」という
声をかけてもらえるようになりました。

和太鼓を始めるという行動を通じて、想像していた以上の収穫を
得たように思います。

それは、新しい楽しみ、新しいコミュニティの仲間、会社の仲間からの
サポートです。

私の趣味はそのすべてに支えられています。

次にお会いするとき、ぜひ私に問いかけてください。

「ご趣味は?」

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる