コンサルタントコラム

継続は力なり

2018年03月20日

コンサルタント

平川 祥匡

「継続は力なり」、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか。

我慢強く、辛抱強く、長く続ければ力になる、そのように想像される人が
多いのではないかと思います。

今回、私が書かせていただくコラムは、この言葉に関わる私自身のお話です。

まず誤解が無いように、初めに伝えておきたいのですが、私自身は結構な飽き性です。
色々なことに興味を持ち、すぐに始めてみるものの、全然続かないでやめてしまう。

では、何故このようなタイトルなのか。

実は中学時代にサッカー部に所属していて、その顧問の先生がよく仰っていた
言葉で、私にとっては、少々思い入れのある言葉なのです。

初めて聞いたのは私が中学1年生の頃、「なんか難しいことを言っている」
そんな程度に思っていました。
恐らく深い意味のある言葉なのでしょう。
それぐらいのことは子供なりにも理解できました。
ただ、つい最近まで小学生だったただの子供、口で言われただけなので尚更、
しっかりと受け止めることはありませんでした。

しかし、その先生は言葉だけではなかったのです。
毎朝、毎朝、私たちサッカー部が朝練をしている間、ずっと走っている
ことに気づいたのです。
そして練習時間の後半になると、鉄棒で懸垂をする。
先生は、当時でもそこそこの年齢だったと思いますが、それでも部員と
同じかそれ以上に運動していたと思います。
ですが「俺も日々続けているからお前らも続けろ」そのようなことは
一切言いませんでした。

背中で語る、というと少し大袈裟ですが、「何か感じ取れ」と言わん
ばかりの意思は伝わりました。
それを受けた私は、子供なりにも「変わらなければ!」と影響されたのを
よく覚えています。

しかし、私の飽き性はしつこく、そんなに簡単には改善しません。
相も変わらず続かぬ趣味、自己嫌悪に悩む日々、けれど続いたものも
いくつかありました。

例えば歌うこと。
今では立派な趣味ですが、昔は人前で歌うどころか喋ることすら苦手でした。
そんなところからの始まった趣味ですが、今ではもう9年半も続いています。

他愛のないことではありますが、苦手なことを趣味にまで昇華させるのは、
何気なくだとか、たまたまだとかで出来るものではないと思います。

では、何故続いたのかについて少し掘り下げてみます。
まず飽きる理由として思いついたのは「楽しくない」でした。

最初は新鮮で楽しい、でも続けているとどこかで壁にぶつかって
急に楽しくなくなる。
定義は人それぞれだと思いますが、私の場合の「飽きた」というのは、
この状態を指しているんだと仮定しました。

では、どうすれば「楽しい」が続くか。
初めに思いついた方法は、あえて無理して続けようとしないことでした。

続けるために続けないという、なんとも矛盾した策ですが、これは
思ったよりも効果がありました。
物事に対して「楽しい」思い出しか残らないので、期間が空くと
また「楽しい」を求めるようになります。

そして都合が良いことに、モチベーションが最高潮の時だと、
普通なら「楽しくない」と感じるような基礎練習や反復練習すらも
楽しく感じます。

自分で書いてて少し恥ずかしいのですが、ものすごく単純ですよね。

少しずつ階段をのぼって、壁にぶつかったら一旦休む。
それを繰り返していると、たった1段の階段をのぼることすらも楽しく
思うようになりました。

私も早いもので社会人5年目になりますが、最近は「仕事も同じだなぁ」と
感じています。
モチベーションがあるときにたくさん頑張って、疲れたらしっかり休息をとる。
考え事が煮詰まってきたのなら、早めに切り上げて別のことに没頭する。

限られた時間の中で物事を進めるために、意欲も含めて色々なものを
コントロールする、
そういう点では、趣味も仕事も大きな違いはないと思います。

ただ結局のところ、先生自身がどのように捉えていたのかはわからないまま。
しかし私にとっての答えは見つかったように思います。
好きだから続く、続くから力になる。
「好きこそものの上手なれ」という言葉にもかかる気がしますが、要は
そういうことなのでしょう。

あれ、でもそうすると先生は朝練を辛いとは思っていなくて、案外楽しく
走っていたのでしょうか?
卒業以来ご無沙汰しているので、これを口実に会いにいくのも良いかもしれませんね。

さて、話が少し反れてしまいましたが、この「継続は力なり」という言葉。
皆さんなら、どのように捉えますか?

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる