コンサルタントコラム

1年の計は『元旦』にあり?

2019年02月27日

コンサルタント

北川 信夫

2019年2月4日は二十四節気の一つ、立春でした。
二十四節気とは、太陽の動きを基に1年を春夏秋冬で4等分し、
更にそれぞれの季節を6等分して、季節を24等分に表した言葉として、
今でも時候の変化を表す言葉として用いられています。

立春とは、「春が立つ」という字のごとく、春が始まる日とされています。
今年は東京の最高気温が18度まで上がり、4月上旬並みの暖かさでした。

しかし、2月前半は1年を通して一番寒い時期(2001年以降の2月4日の
東京の平均気温は6度前後)であるため、
2月4日に春が始まると言われてもピンとこないのではないでしょうか。

二十四節気で表されている季節と現在私たちが感じる気候の変化に
違いがあるのは、日本が過去に使用してきた暦と現在使用している
暦が異なるからです。

明治6年(1873年)まで日本で使用されていた旧暦(天保暦)の平成31年
(2019年)2月4日は、現在使用している新暦(グレゴリオ暦)の3月10日に
あたります。3月10日ですと、皆さんも「春が始まる日」という表現に
ご納得頂けるのではないでしょうか。

新暦が日本で使用されるようになり、現在では多くの西欧の国々と
同様に新暦の1月1日が1年の始まりの日(元日)として祝われています。
多くの方が元日にご家族・ご親戚やご友人と初詣や初日の出、
お節料理やお餅を楽しんだりするのが一般的ではないでしょうか
(ご親戚へのお年玉の準備が大変という読者も少なくないでしょう)。

かくいう私は、2019年1月1日はオーストラリア東部のタウンズビルという
海沿いの街のビーチで、花火と共に新年を迎えました。
タウンズビルでは初詣もせず、お節料理やお餅も食べず、
ピザが新年最初の食事となりました。

2019年を迎えたのはオーストラリアでしたが、私は過去にアメリカ、
シンガポール、タイ、ベトナム、オランダで新しい年を迎えたことがあります。
シンガポール、タイ、ベトナムを含む複数のアジアの国では、
新暦の1月1日と同様に旧暦の1月1日も1年の始まりの日として盛大に
お祝いする伝統が残っています。

その中でも、数年間住んでいたタイでは、4ヶ月の間に
3回異なる「新しい年」を迎えるというユニークな経験をしました。

タイでは新暦、旧暦に加え「チャントラカティ」というタイ独自の暦で
それぞれの新年を祝う文化があります。
まず、新暦の1月1日は、バンコク等都市部ではカウントダウンと花火で
盛大にお祝いします。非常に多くの人々が集まる為、本来10分程の
帰り道を2時間以上かけて帰宅したこともあります。

次に訪れるのが旧暦の新年(旧正月)です。タイには中国系の移民
(華僑)も多くおり、チャイナタウンを中心に中国式の爆竹や龍踊りで
賑やかにお祝いします。私も華僑の友人とチャイナタウンで
豪勢な中華料理を囲んでお祝いしました。

最後にチャントラカティの新年(タイ正月)が新暦の4月13日から15日に
訪れます。このタイ正月は政府によって祝日と指定されており、
「ソンクラーン」というお祭りがタイ全土で行われます。ソンクラーンは
「水掛け祭り」と呼んだ方が馴染みのある方が多いのではないでしょうか。

ソンクラーンは本来、仏塔や仏像をお清めする日でしたが、それが発展
して、現在では誰彼構わず水を掛けるお祭りとなっています。
水を掛け合う対象はタイ人のみならず、外国人も容赦なく標的とされる為、
誰もが外出すると強制的にびしょ濡れになります。
事実、私もタイ在住1年目にはスマートフォンや財布も含めて
びしょ濡れになりました。2年目以降は首掛けビニールバッグを準備して、
水を掛ける側になり楽しく過ごしたことが思い出されます。

「1年の計は元旦にあり」という言葉が日本にはありますが、暦によっては
本コラムで紹介したように、新暦の1月1日以外にも新しい年が始まる
文化があります。
2月も終盤となりましたが、2019年の決意や目標は立てられましたか?
お仕事やプライベート、自己研鑽や交友関係等、様々な思いや計画が
あるのではないでしょうか。
まだ何も決めていないという方も、「思い立ったが吉日」です。
本コラムを読んで頂いた今日、3月10日の「立春」、日本で新年度が
始まる4月1日、また、4月13日からのタイ正月ソンクラーン等、
皆さんの思い立った吉日に「新しい年」の過ごし方を考えてみては
いかがでしょうか。

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる