コンサルタントコラム

筋トレでPDCAサイクルを回す

2019年09月06日

コンサルタント

門前 美沙希

コンサルタント 門前 美沙希

こんにちは。門前です。
私は普段大人しそうな見た目故に、自分の趣味を話すと周りに驚かれることが多々あります。
その趣味とは「筋トレ」です。どっぷりのめり込みましたのでその経緯とともにお話しいたします。

そもそも元来文化部(吹奏楽部)な私が、なぜ筋トレを始めたのか。
それは弊社内の休憩スペースに設置されている「懸垂バー」(チンニンスタンド)がきっかけです。
懸垂を始めた当初、私は身体が1ミリも上がらず、手に痛みを感じながらただただぶら下がることしかできませんでした。
しかし、毎日継続すると1cm、3cm、5cm…と徐々に体が上がり、懸垂らしきものができるようになりました。
最近では、社内の懸垂だけに飽き足らず市民体育館のトレーニングジムや水泳も行くようになりました。

ここで筋トレ初心者ながら、筋トレの3つの楽しいポイントをご紹介いたします。ぜひ皆様に参考にして頂き、楽しい筋トレライフに興味を持って頂けたら幸いです。

1)筋肉も自信もつく
まず、筋トレをすれば肉体的・精神的に自身を向上させることができます。
トレーニングをすることで、言わずもがな筋肉がつきます。さらに、ただやみくもに筋トレをするのではなく、どこの筋肉を鍛えるための筋トレなのか――目的を意識することで効率的に筋肉がつきます。私も知識が浅いですが、なんとなく今使っている筋肉はどこの部位の筋肉かと意識して取り組んでいます。
また、筋肉がつけば「自分ってかっこいい、イケてる、ちゃんと行動してえらい!」と思えるようになります。ただの自己満足ですが、この自己満足を糧に次のトレーニングを継続的に行うことができます。

2)普段の自分を見つめなおすことができる
次に、筋トレは普段の堕落した己を正すことできます。
皆さんは、広背筋という筋肉をご存知でしょうか。
広背筋とは、背中にある筋肉で姿勢を支える役割を持っています。
以前、私は猫背ぎみでしたが、広背筋を鍛えたことで、正しい姿勢に改善されました。正しい姿勢を保つようになって血行が良くなり、長年悩まされていた肩こり解消に寄与しています。正しい姿勢が習慣化したおかげで、猫背になってしまっているときは、意識的に正しい姿勢に直すようになりました。

3)少しの頑張りで大きな成果
最後に、筋トレはそこまで頑張らなくても高い効果を得ることができます。
私は筋トレは毎日しなければならないものと勘違いしていましたが、同じ筋肉を鍛える場合、筋トレは3日~1週間に1回程度の実施が有効なようです。
なぜなら筋トレ後の傷ついた筋肉は休ませてあげることが重要で、休息中に筋肉が自力で修復し、以前よりも強くなろうとすることで、筋肉がつくからです。毎日筋トレをしてしまうと、逆に修復を阻害してしまい期待している効果を得難くなるそうです。

ここまで筋トレの楽しいポイントを3つ書かせて頂きました。
とはいえ、いきなりジムに行って筋トレをするというのはかなりハードルが高いと思います。
そこで下記2点から始めてみるのはいかがでしょうか。

1)まずはアニメでやる気を高める
「ダンベル何キロ持てる?」というアニメをご存知でしょうか。
太り気味の女子高生が筋トレに目覚め、トレーニングマシーンの使い方から筋トレに効果的な食事、家でできる筋トレなどを紹介するアニメです。まずは、筋トレに関する知識を得て、意外と奥が深い筋トレの世界に踏み込んでみるのも、とっかかりとして有効でしょう。あなたもアニメを見ながらいつの間にか体を動かしているはずです。

2)普段の生活に筋トレを取り入れる
今の生活でできる範囲の筋トレを探してみましょう。例えば、通勤時にエスカレーターではなく階段を使う、少し大股で歩くなど、いつもの生活を少し変えるだけでもいい筋トレになります。

以上、筋トレ初心者ながら書かせて頂きましたが、実行する上で大事なことがあります。それは仕事などと同様にPDCAサイクルを回して継続することです。たった1日だけの筋トレでは全く意味がありません。
私は目標を設定し(P)、筋トレを行い(D)、その結果何が変わったのか?(C)を意識して取り組むようにしています。例えば「腹筋を割る」という目標のための筋トレを行う場合、筋肉がわずかながらもついたなど自分の変化にきちんと気づく(C)ことが肝です。もし効果がなければ、筋トレのやり方に問題があるのか、他のトレーニングの方が有効なのかを考え次の行動に移す(A)ことが必要です。

皆さんも、無理のない範囲で筋トレをぜひ行ってみてください。

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる