コンサルタントコラム

海外出張におけるリスクマネジメント

2019年10月09日

コンサルタント

川邉 実沙紀

コンサルタント 川邉 実沙紀

皆さん、こんにちは!コンサルタントの川邉です。
秋を感じられるようになり、年末まで残すところ約3か月となりました。今年を振り返り、何か思い残すことはありますか。私は学生時代から毎年、旅行や留学、出張などでしょっちゅう海外へ行っていましたが、今年は全く行けておらず、ここ最近は海外に行きたくて仕方ありません。精神的に「海外ロス」の状態です。

皆さんは普段、出張や旅行で海外に行かれることはありますか?

私は前職で約4年間、イベント制作会社の企画営業をしていました。顧客は広告代理店をはじめとする様々な業界の企業から大使館や官公庁まで多岐に渡り、案件も国内だけではなく、海外も多数ありました。
イベントの開催地が海外の場合、制作は海外の協力会社に依頼します。そのため、在職中はドイツのデュッセルドルフ市やハノーファー市、オランダのアムステルダム市、台湾の台北市や中国の広州市に行き、現地の協力会社と共に仕事を進めていました。今回はこの時の強烈な体験からお話していきたいと思います。

皆さんの海外出張のイメージはどのようなものですか。
「華やか」「カッコいい」「楽しそう」といったポジティブなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんね。しかし海を渡って仕事をするとなると話が違ってきます。海外では日本の常識が通用しないことが多いからです。私が身をもって経験した海外出張中のハプニングやトラブルをいくつかご紹介したいと思います。

  • 人が足りず納期が遅延しそうに
    契約書上に記載されていた人工(にんく:施工作業者の人数のこと)と実際に現場で働いていた人工が異なり、その上、制作物の品質が悪く、納期が遅れそうになりました。クライアントは日本の某テレビ局でしたが、予算の都合上、日本から派遣された現場監督はなんと私一人。協力会社のハンドリングが非常に大変でした。
     
  • 電球を求めて町中を奔走
    事前に依頼していたインテリア照明の電球を協力会社が買い忘れていました。現場の人工が不足していたので、特定の規格に合った電球を探し求め、私が町中を奔走しました。
     
  • 各国首相や政府関係者が参加する大規模な展示会にテロ予告
    幸いにも未遂に終わりましたが、対応に追われて大変でした。
     
  • 国家レベルで警戒した大型台風が直撃
    海外でも台風は多く、イベント初日が中止になりました。

上記はほんの一例で、実際に経験した海外でのハプニングやトラブルは枚挙にいとまがありません。まさに身をもってリスクに備えておくことの重要性を知りました。さすがにテロや自然災害を簡単に避けることは出来ませんが、業務上のことであればやり方次第で回避できることはあります。
海外出張に限らず、外国と取引する全ての場合の前提として、日本と海外ではビジネスの勝手(文化)が違うことを念頭に置いて仕事をしなくてなりません。これは普段、当たり前だと思っていても、意外と忘れてしまいがちなポイントです。

私の経験では、日本では依頼通りに実現することでも、海外では簡単に実現しない方が多く、契約書で交わした依頼であっても、100%その通り実現するとは限らず、むしろ60~70%が達成出来ていれば及第点というのが実情でした。

依頼相手に期待するのではなく、達成率を100%に近づけるため自分たちでいかに念入りに事前準備やシミュレーションをするか、つまりリスクマネジメントを行っているかが非常に重要でした。
海外出張のリスクやトラブルに対する備えの詳細に関しては、是非、下記の記事もご参考ください。

【海外出張のリスクやトラブル、企業はどう備えるか】
https://www.newton-consulting.co.jp/bcmnavi/column/the_risks_of_overseas_business_travelers.html

この海外出張での経験が、私が弊社に入社したきっかけの一つになっています。

リスクマネジメントというと、経営やテロ・災害におけるものが代表的ですが、海外出張や旅行のように、身近なところで普段から考えておくことも重要です。
外国の友人からよく指摘されるのは「日本人の危機意識の低さ」です。日本と違い、海外では「自分の身は自分で守る、全ては自己責任」という考え方が強いですが、ビジネスにおいても日常生活においても、そういった危機意識を強く持つことは私も必要だと思います。

海外出張や旅行に行く際には、是非リスクマネジメントも意識しながら楽しく充実した時間をお過ごしください!

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる