コンサルタントコラム

旅にトラブルは付き物?~アメリカ横断車の旅~

2020年06月10日

コンサルタント

利根 悠太

コンサルタント 利根 悠太

「旅にトラブルは付き物」とはよく耳にするフレーズです。皆さんもその大小はあっても、旅先で困った経験があるのではないでしょうか。
ときに、私は大学の卒業旅行でアメリカ横断車旅を敢行しました。初めてのアメリカは本当に広く、期間も距離もとても長い旅でした。「旅にトラブルは付き物」……果たしてどんなトラブルが待ち受けていたでしょうか。

「アメリカ横断ってロマンあるよな」
大学4年の夏、誰かの一言をきっかけに計画が始まりました。
「どうやら西から東に行く方がいいらしいぞ」「グランドキャニオンには絶対寄りたい」「フロリダのディズニーは外せない」……手探りの中で本やブログ、動画サイトを参考にしながら、男4人旅の大枠ができあがりました。



出発地:ロサンゼルス 
目的地:ニューヨーク(総走行距離:約11,000km)
期間:23日間(2月中旬~3月上旬)
移動手段:車 

アメリカ初上陸であった私たち4人は、とにかく無事に帰ることができるよう準備して旅を迎えました。事前に想定されたリスクと、その対策は下記の通りです。

  • パスポートやクレジットカードを失うかもしれない
    ⇒ウェストポーチで管理し、上着で覆って肌身離さず持とう
  • 治安が悪い地域では襲われる(最悪撃たれる)かもしれない
    ⇒極力固まって行動し、夜中はとにかく出歩かないようにしよう
  • 車が大雪にはまって動けなくなるかもしれない
    ⇒4WDのSUVをレンタルし万全を期そう
    Etc…

そして、事前に考えていたこれらの対策は功を奏しました。パスポートやカードを失くすことも、暴漢に襲われることもなく、旅を進めることができたのです。その前途は順調かに思われました。
しかし、どんなに万全を期しているつもりでも、トラブルはやってくるのが旅というものだったのです。
ここでアメリカ横断中に発生した4大トラブル、そのタイトルをご覧ください。

  • モアブの人里離れたパワースポットで突如、車のエンジンが全くかからなくなる。
  • 万全を期して借りたはずの4WDのSUV、デンバーの雪にはまり走行不能に。
  • フロリダのモーテルで案内された部屋、カギは開いたのにドアは開かず。ふと窓を見るとこちらを見ている人影有り。
  • 大寒波の到来、大雪のニューヨーク、ゴール目前で車がスリップ。

まさに想定外の連続です。
これら全てについて詳細を書きたいのですが、とても長くなってしまうので、特に大変だった一つを紹介します。
それは、「大寒波の到来、大雪のニューヨーク、ゴール目前で車がスリップ」です。

旅は20日目、いよいよ大詰めです。私たちはロサンゼルスをスタートした後、テキサスやフロリダを経由し、ニューヨークを目指して北上していました。このとき、不穏なニュースが流れてきました。大寒波が到来しており、私たちが到着する頃には大雪だというのです。
実際、ニューヨークに着いた20時頃には、市街地は大雪に見舞われており、マイナス10℃を下回る気温で道路も凍結していました。
そんな中にあってもさすがは世界の中心ニューヨーク、お構いなしに車通りは多く、路上駐車もたくさんありました。私たちは市街地のホテルを目指して、両端に路上駐車が並んでいる細い道路を、対向車と注意深くすれ違いながら進んでいました。

そんな折、外気との寒暖差からか急速に曇るフロントガラス。急いで曇り止めをかけようとしたその瞬間、ハンドルがブレてタイヤがスリップ!左方に停まっている車に頭を向けて車体が進み始めたのです。
「修理代はいくらだろう!?」「保険に入ってて良かったな!」「そもそもうまく事故処理できるかな?」……スローモーションで流れる時間に様々なことが頭をよぎりました。
しかし次の瞬間、運転していた友人はとっさの判断でハンドルを右に切りました。危機一髪!車は元の進行方向に滑りながら車体の向きを持ち直し、この旅最大の危険な局面を無事に切り抜けることができました。

最後の最後にこんなことが待っているとは、予想だにしていませんでした。その他にも様々なトラブルはありましたが、ここが間違いなく最大のピンチでした。あの時の友人のとっさの判断には感謝してもしきれません。

どこまでも楽しかったこの旅は、まるで昨日のことのように、細部まで鮮明に思い出すことができます。これは想定外のトラブルを乗り越えた経験が、その思い出を脳に深く刻みこんでくれているからかもしれません。
最後に、この旅を通して感じたことを冒頭のフレーズに少し追記しておきましょう。
「旅にトラブルは付き物、思い出も付き物」。

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる