コンサルタントコラム

より有意義なコミュニケーションを目指して ~ニュートンのマーケティング業務~

2014年09月10日

コンサルタント

吉田 久則

こんにちは、マーケティング担当の吉田です。
いつもメルマガをご愛読いただき誠にありがとうございます。

弊社では、マーケティングを一方的な“発信”に終わらせず、
つねに受け取る側である皆様の声やご要望を反映させ、
有意義なコミュニケーションとなるよう努力をしています。
今日は、そうしたマーケティング業務の代表的なものを
ご紹介させていただきます。

まず、今お読みいただいている当メルマガの発行は
マーケティング担当者の仕事です。
隔週のルーチンとは言え、弊社にとって大変に重要な業務です。
主に弊社の新着トピックスをお知らせするものですが、
もちろんそれだけではありません。
お客様の現場で日々力を尽くしているコンサルタントが、
コンサルタントならではの視点で
日々感じる気づきや感動をお伝えするコラムや、
リスクマネジメントの最前線で日々話題になるワードや概念を解説する
BCM NaviITIL Naviなどの新着記事のご紹介、
最近では、報道やプレスリリースを独自にまとめた
速報記事などもお知らせしています。
さらに、実はTwitterでも報道情報を1時間ごとにシェアしています。
日々のニュースを見逃したくない方は、
この機会にぜひフォローしていただけると幸いです。
また、これらの記事をお読みになってのご感想や、様々な取組みなど、
ぜひ編集部までお寄せくださいませ。
ちょうど今、読者アンケートを実施しています。
皆様が欲しい情報、読みたい内容をお届けするために
今後も内容充実を目指していきたいと思いますので、
ぜひご回答くださいますようお願いします。
(ご回答者様には抽選でプレゼントも進呈します!)

次に、これらの記事を掲載している、
弊社ニュートン・コンサルティングのホームページ更新。
その目玉はなんといっても、弊社がお客様を支援した事例紹介です。
BCP構築から訓練の企画運営まで、内容は多岐にわたりますが、
プロジェクト終了後にマーケティング担当者が伺い、
責任者である社長様や部門長様といった方々にインタビューします。
従業員の安全や顧客の利益を守ろうとする熱い思い、
有事にあっても事業を継続するかたい決意などを
そうした方々の生の言葉として伺うと、いつも大きな感銘を受けます。
どの取組みも、有事における実効性を向上させるばかりでなく、
平時においても様々なメリットを社内に生み出すものが多く、
リスクマネジメントの取組みとは、まったくもって、
有事のマイナスを埋めるためだけのものではないと感じさせられます。

そして、弊社の代表をはじめ、
各コンサルタントが講師として立つセミナーの準備や運営も
マーケティングの仕事のひとつです。
業界団体様などが企画されるセミナーにお呼びいただくこともありますし、
大きなカンファレンスイベントに
ゲストスピーカーとして参加することもあります。
また、自社でもオリジナルセミナーを開催しており、
こちらでは逆に、他社様からゲストをお呼びすることもあります。
いずれの場合も、客席側の参加者様に、
ひとつでも多くの気づきや知識をお持ち帰りいただけるよう、
開催日という締切ぎりぎりまで講演内容を練りに練り、
様々な議論を重ねた上で発表しています。

マーケティング業務はまだまだあるのですが、
そのいずれにも共通して言えることは、
弊社にご興味ご関心をもってくださる方やお客様に対して、
弊社としてのコミュニケーションの窓口という役割を果たすことです。
決して一方的な“発信”にとどまらず、
皆様の貴重な声に耳を傾けながら、
ベストプラクティスがひとつとは限らない
リスクマネジメントという分野における
有意義な知識、気づき、そして可能性を
皆様と共有していきたいと思っております。

今後とも末永くお付き合いいただきますようお願い申し上げます。