ニュートンの統合マネジメントシステム:統合マネジメントシステムを利用した経営の最適化

本ページでは当社で構築・運用している以下のマネジメントシステムを統合した統合マネジメントシステムについて紹介させて頂きます。

現在、下記をご検討されている企業、組織様のご参考になれば幸いです。

  • 各マネジメントシステムをバラバラに運用している
  • 将来統合を視野にいれている
  • 今後新規にマネジメントシステムを導入を考えている

当社では、以下の国際規格に準拠した統合マネジメントシステムを導入しています。なお、ISO22301同様、ISO9001やISO27001も現在進められているGuide83(マネジメントシステム規格自体の枠組みを定めた規格)の見直しに伴って改訂される予定ですが、こうした近い将来にわたる変更点も考慮した統合を実現しています。

  • ISO9001:2015 (品質マネジメントシステム)
  • ISO27001:2013  (情報セキュリティマネジメントシステム)
  • ISO22301:2012 (事業継続マネジメントシステム)

これらの各マネジメントシステムを統合する際に、各マネジメントシステムの共通部分を統合して、効率的かつ効果的に運用しております。

当社の統合マネジメントシステム基本方針
世界初!ISO22301自己適合宣言について

当社マネジメントシステムの歩み

各マネジメントシステムを統合する前に、弊社では情報セキュリティに対する意識の高まりから、まず始めに情報セキュリティマネジメントシステムを構築いたしました。その翌年、社員の命・生活を守り、お客様への信頼を維持するとの想いから事業継続マネジメントシステムを導入し、情報セキュリティマネジメントシステムとの共通部分を整理し、統合いたしました。さらにその翌年、お客様へ最高品質のサービスを提供すべく品質マネジメントシステムを構築し、既に統合されているマネジメントシステムへ組み込み、運用しております。

統合マネジメントシステムの枠組み

各マネジメントシステムを統合するにあたり、PDCAサイクルの計画(PLAN)、監査(CHECK)、改善(ACT)を整理するとともに、特にPCAの部分については先述したようにISO/FDIS GUIDE83を意識した共通化を行いました。その際に、各マネジメントシステムのルールと各規格内容を整理したクロスリファレンス表を作成し、共通項に抜け漏れのないよう構築しました。

以下は統合したルールの一部を上げてみました。

  • 適用範囲
  • 方針
  • 年間運用計画
  • 体制
  • 法規制管理
  • 文書管理
  • 変更管理
  • 力量管理
  • 内部監査
  • マネジメントレビュー

PDCAサイクルの実行(DO)部分では各マネジメントシステムに特化した個別ルールを策定し、運用しています。

管理体制

当社では、効率的かつ効果的にマネジメントシステムを運用するために以下の管理体制を構築しました。

 



経営者をトップにIMS(統合マネジメントシステム)推進チームを置き、各マネジメントシステムから上がってくる個別の課題や変更点などを吸い上げ、他マネジメントシステムとの調整や報告を行います。またIMS推進チームが窓口となり、社内への周知教育やマネジメントレビュー、内部監査などの調整も実施します。そのIMS推進チームの下に各マネジメントシステムを推進するチームを設け、個別の課題を検討し、ルールの構築・運用などを行います。

 

文書体系

各マネジメントシステムを統合する際に、文書を共通化することで、構築後のメンテナンスは大きく効率的になりました。

当社では文書を以下の4種類に分類しています。

  • 方針書
  • 規程
  • マニュアル/手順書
  • 様式

統合マネジメントシステム方針を最上位文書とし、統合マネジメントシステム規程を策定し、共通ルールを定めています。各マニュアル/手順書は各マネジメントシステムの個別管理ルールを記載し、個別に改善する際に、メンテナンスが効率的に実施できるようにしております。

年間計画やリスク対応計画、内部監査に関する記録などは、一元管理できるよう共通の様式を使用しています。

内部監査

内部監査は年1回全てのマネジメントシステムを対象に実施いたします。個別ルールや規格内容を整理したクロスリファレンスを用い、内部監査シートを作成しました。内部監査計画、内部監査シート、内部監査結果報告書、結果の詳細となる指摘事項一覧など、共通に実施するため、監査工数を大幅に削減することに成功しました。各マネジメントシステムに特化した個別ルールについては、その部分を切り出した内部監査シートを用い、評価を行い、その結果も共通の報告書、一覧に記載します。

年間運用計画

当社は経営と一体となった運用計画を策定しています。四半期に一度実施される戦略会議に向けて前月にマネジメントレビューが実施されます。実施された四半期の活動内容と次の四半期への活動方針・計画に対する経営者からのレビューを受け、翌月の戦略会議中に各マネジメントシステムの方針・計画が発表されます。12月に年次のマネジメントレビューを実施し、当該四半期と年間の運用に対する評価が行われ、翌年度の年間方針を決定いたします。

当社マネジメントシステムの公開について

今般当社は自社統合マネジメントシステムを自己適合宣言するにあたり、公平性を担保するために、自社の取り組みを積極的に公開することにいたしました。

つきましては、閲覧をご希望の方は、当社お問い合わせページよりその旨ご連絡ください。追って担当者より、閲覧日時のご連絡をさせていただきます。

なお、公開にあたりましては、大変恐縮ではございますが、1.既に弊社とお取り引きいただいているお客様、2.弊社サービスの採用をご検討いただいているお客様、3.閲覧の事実を弊社ホームページ等で公開させていただけるお客様を優先とさせていただき、お申込み多数の場合は調整にお時間をいただく場合がございます。

また、同業者、類似サービスを提供されている企業様からのお申込みはご遠慮いただきますようお願いいたします。

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる