内海 良 | 社員紹介 | ニュートン・コンサルティング株式会社

社員の声

-今はどんなお仕事をされていますか?

新規事業の立ち上げとチームマネジメント

現在は2つのチームの責任者をしています。とくに今は昨年立ち上げた官公庁事業分野のビジネスを模索している最中で、そちらの戦略立案からコンサルティングまでを担当しています。これまでわが社は主に民間企業に対しコンサルティングサービスを提供してきたのですが、個々の企業/組織への支援の枠を超え、国や業界の方向性を決め、多数の企業の課題を一度に解決する仕組みづくりや、制度そのものを作る活動などは、行政機関とともに実施するプロジェクトでなくては実現できません。リスクマネジメントを真に企業/組織に根付かせていくためには、こういった仕組みづくりのお手伝いもしたいという想いのもと、この事業分野に乗り出すことにしました。

現在は官公庁との仕事の仕方や仕組みが分かり、懇意にしてくださる担当者も開拓できました。事業の戦略・戦術立案、体制づくり、目標管理やプロジェクトの遂行といったタスクに、チームメンバーのモチベーションを鼓舞しながら日々おこなっています。

-何故ニュートン・コンサルティングを選んだのですか?

自分が思い描く成長曲線を実現するため

もともとロンドンの弊社グループ法人に6年ほどいたのがきっかけです。とはいえ日本への帰国時には選択肢はいろいろありましたし、他社から魅力的なオファーもありました。それでもニュートンを選んだのは、ロンドン時代の志の高い仲間がいることと、自分の成長につながる職場であることを確信していたからです。大手企業で全体が見えにくい仕組み(と当時は思っていました)の一部として働くことは自分が思い描く成長曲線には物足りないと感じていたし、何より信頼できる仲間と価値のある仕事ができることは何ものにも代えがたいものと思っています。ニュートンという職場を選択したのは当然の結果でした。

ロンドンにいた時はエンジニアとして勤務していたので、コンサルティングは入社してから実践を通して学び習熟していきました。入社して最初の仕事が東京都様の大規模プロジェクトの提案書作りだったのにはビックリしましたが、先輩方と膝詰めで議論を繰り返し、提案書の推敲を重ね、無事に落札できたときはとても嬉しかったです。

-今の夢を教えてください。

会社の規模を3倍にします

ニュートンを広く名前の知れ渡る会社にしたいと思っています。そのためにも、まずは会社の規模を3倍くらいにするつもりです。本来は社長が言うようなコメントですが、これくらいの当事者意識を持って仕事をしていかなれけば面白くないですよね。構想としては、統計分析などの知見を活用した事業ドメインのサービスを立ち上げたいと考えています。

高いハードルには違いないですが、実際に過去3つの事業部の立ち上げに貢献してきましたし、当時と比較して3倍の規模になっているので、決して不可能ではないと考えています。要は自分の関わり方次第で大きく変化するポテンシャルを秘めた会社です。常にその変化という渦の中心にいたいと思っています。

あとは仕事を通して仲間とともに成長でき、信頼して仕事を依頼してくださるお客様の期待に応え続けられればいうことはありません。

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-4773983-2', 'auto'); ga('send', 'pageview');