BCP担当 チームリーダー 林 和志郎

Q1.前職はどのようなお仕事をしていましたか?

前職では、大手総合人材コンサルティング会社で人材派遣・紹介の営業、業務委託・請負等の企画提案業務に携わっておりました。営業として企業担当者から案件を頂き、求職者への仕事紹介をする活動を通じて、多くの業種の理解、市場変化に伴う顧客ニーズの変化の仕組みが理解できるようになりました。

営業という数字で評価される文化であり、愛のある厳しい環境でしたが、チームで数字を達成する喜びを経験できました。当時のメンバーとは、今でも良い飲み友達です。

Q2.現在のお仕事内容を教えて下さい。

コンサルタントとして、BCP策定・改定、演習・訓練、研修、BCP評価、ISO22301認証取得・更新、ERM活動支援などを行っております。

リスクマネジメントという仕事の特性上、本当に役立つ支援をするためには有事の意思決定者である経営層・幹部・現場責任者を対象とした支援が必要となります。例えば、大災害発生時に実際に機能する状態を実現するなどですね。支援時には、担当者から業務・組織文化や、対象者の成熟度を詳細にヒアリングし、お客様に合った手法の提案を試行錯誤しながら行っています。

教育事業であるニュートン・アカデミーでは訓練手法、BCP策定手法等の講座を担当しているほか、リーダーとしてメンバー育成にも携わっています。

Q3.ニュートン・コンサルティングへの入社理由を教えて下さい。

前職で、仕事紹介をする中で、有事でも事業を止めない活動としてBCPの存在を知りました。当時のBCP策定率は大企業で約3割、中堅企業に至っては約1割という状況でした。そんな世の中に大きな不安と危機感を覚え、自社でもBCP策定に取り掛かかることになったのですが、そんな時に3.11がありました。幸い自社には大きな被害はなかったのですが、多くの企業が迅速に動けなかったということを目の当たりにして、BCPを広める活動に従事したいと考えました。

当時BCPをサービスとして提供している会社は数社あり、色々なところの話を聞いたのですが、その中でもニュートンは最も「お客様に寄り添う」サービスだと感じ、ニュートンに決めました。

Q4.今後の夢を教えて下さい。

お客様の経営課題を解決する支援を極めることとメンバーのスター化です。

当社ではお客様の支援を開始する際にトップインタビューを行わせて頂いています。インタビューでは、トップが目指す姿や起きて欲しくない最悪の事態を伺います。その解決策として支援する内容は、結果的にトップメッセージの発信、社内のコミュニケーション活性化、チームビルディングに繋がり、組織の経営課題解決の一助になっています。この活動を通じて、平時も有事も強い組織の実現を支援できると信じています。

後者はメンバーが何か1つでも多く「できる」ことを増やし、「あの人に支援して欲しい!」とお客様に指名していただけるような機会をより多く作っていくことです。簡単ではないですが、仲間とお客様の役に立つ活動を通じてスターコンサルタントを生み出したいです。

Member一覧へ
採用のお問い合わせ
ニュートン・コンサルティング株式会社 採用担当窓口
03-3239-9209
recruit@newton-consulting.co.jp