BCPチーム 長内 麗奈

2145_ext_02_0.jpg

Q1.学生時代はどのように過ごしていましたか?

物心ついたころから、デザインや音楽などの芸術に強く惹かれ、美大の付属中学を受験、6年間芸術に触れて育ちました。クリエイターの権利保護をきっかけに著作権に興味を持つようになり、法学部に外部進学しました。研究室でゼミ長として大好きな著作権を学ぶ傍ら、美術サークルで展示会の企画をしたりと、人と関わることを大切にした学生時代だったと思います。

作ったもので人を喜ばせたい、人とのかかわりを通して「人を幸せにできる」仕事がしたいというのが就職活動で大切にしていた私の軸でした。

Q2.現在のお仕事内容を教えて下さい。

民間企業の事業継続に関わるお仕事に携わっています。

ご支援している業種は本当に様々で、毎日違うお客様と打合せすることがしばしばです。

また、日頃やり取りをする方は経営企画室の室長や各部門の部門長、ひいては社長など、普段は関わる機会がほとんどないような上層部の方と密にコミュニケーションをとる毎日です。
繁忙期は個人で10社以上、それ以外の時期でもそれに近い数の案件に関わらせていただいていて「暇でつまらない」と感じたことはないです(笑)。

配属からまだ7か月ですが、もうすでにお客様の前で一人でファシリテーションする機会を数回いただいています。

案件によっては、自分で描いた絵が採用されたこともあります。
仕事で絵が描けるとは思っていなかったので自分でも驚いています。

リスクマネジメントという仕事の特性上、本当に役立つ支援をするためには有事の意思決定者である経営層・幹部・現場責任者を対象とした支援が必要となります。例えば、大災害発生時に実際に機能する状態を実現するなどですね。支援時には、担当者から業務・組織文化や、対象者の成熟度を詳細にヒアリングし、お客様に合った手法の提案を試行錯誤しながら行っています。

Q3.ニュートン・コンサルティングへの入社理由を教えて下さい。

元々営業志望だったこともあり、たくさんの方(しかも経営層)と関われることに魅力を感じました。また、営業と異なりお客様に一気通貫でご支援ができるのも魅力です。

また、好奇心が旺盛でなんでもやりたい性格なので、新卒のうちからこんなに仕事を任せてもらえる環境が好きです。チャレンジャーの皆さんもこの柔軟性に惹かれるのではないかなあと思います。

最後に何と言っても社員の方が全員優しいこと!
面接のときにも優しく迎えていただきましたが、入社後も立場関わらず、皆さん優しく教えてくださいます。どんな人と働くかって一番大切なんじゃないかなと思います。「お客様のために」と信念をもってお仕事をされている方ばかりなので、とっても尊敬していますし入社前後の会社の印象のギャップはありませんでした。(写真:2017年6月合宿での先輩とのバーベキュー)

Q4.今後の夢を教えて下さい。

知的財産管理技能士1級の資格を取得すること、会社柄英語に触れる機会が多いので、英語をちゃんと勉強すること、あとは来年から入ってくる後輩に頼られる先輩になることです。

やっと仕事を覚えてきたばかりですが、もっとお客様に信頼いただけるように知識や経験を積んでいきたいと思います。

個人的には、社会人になったのでちゃんとギターを始めたいななんてことも考えています。

オンとオフを上手に切り替えて、いずれは「長内さんだから」とお仕事が来るようになったら、と思います。

Member一覧へ
採用のお問い合わせ
ニュートン・コンサルティング株式会社 採用担当窓口
03-3239-9209
recruit@newton-consulting.co.jp