【開催報告】ERMバイブル書籍発売&出版記念セミナー

セミナー内容
第一部:書籍セミナー


このたびの書籍『世界一わかりやすい リスクマネジメント集中講座』(オーム社、2017年11月28日発売)発売開始に伴い、12月8日に書籍出版記念セミナーを開催いたしました。

本セミナーの第一部では、著者である勝俣良介(ニュートン・コンサルティング株式会社 取締役副社長)から、日頃からリスクマネジメントに携わっている参加者のみなさまに向け、書籍の意義やその構成、活用方法、書籍ではカバーしきれなかったプラスαのポイントについて説明が行われました。

 

具体的には著者から「NHKの白熱教室のような講義形式をイメージして本を書いた」「一般的なビジネスマンでも、リスクマネジメントの初心者でも、リスクマネジメントのプロでも読める内容を書いた」「個人から組織まで。組織も、中小企業から大企業、上場している有名企業まで事例を上げて書いた」など、実際に書籍の該当箇所を開きながら、解説がありました。

 

 

セミナーセッションの様子


第二部は、事例企業として書籍の中でも紹介されている日産自動車株式会社 グローバル内部監査室 コーポレートリスクマネジメント菅原 正氏およびヤフー株式会社 コーポレートインテリジェンス本部 リスクマネジメント部 部長 八代 峰樹氏、フィード・ワン株式会社 管理本部総務人事部副部長 吉羽 達也氏にお話を伺うトークセッションを行いました。

このセッションでは、「ヤフーのトップの巻き込みや、トップの意思を魅力的に見える化する秘訣は何であるのか?」「フィード・ワンのトップから現場までを巻き込む、事務局の強力な推進力はどこからくるのか?」「日産のリスクマネジメントの課題は何か?昨今の企業不祥事について感じるところは何か?」などといった質問に対し、活発な意見交換や議論が行われました。

こうした一部・二部のセッションに参加くださった皆様から、ポジティブな回答をたくさんいただきました。下記は、その一部になります。

参加者のご感想
  • BCP担当ですが、この本をきっかけにERM全般を理解したうえで業務にあたりたいと思います。
  • もっと身近なところから、ERMの取り組み方を考え直してみようという気になりました。
  • セミナーに参加して、書籍の概要とそのポイントが深く理解できてよかったです。
  • トークセッションで他社の取り組みを生の声で聴けて参考になりました。書籍もわかりやすく、勉強になりました。
      

 

お問い合わせ

contact_banner.gif
当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる