調査の目的

2020年7月24日から9月6日まで予定されている東京2020大会では、延べ約1010万人、1日あたり最大92万人の来場が予測され、大きな経済効果が期待される一方で、主要道路や船舶の運航にも様々な交通制限がかかり、従業員の移動や宿泊、物流、などにマイナスの影響が出ることも懸念されています。
また、気温も過去の大会に比べ高くなることが心配されています。さらに、過去の大会でも大きな課題となっているテロやサイバー攻撃、さらには自然災害などの発生も考えられます。こうした中、各企業では、BCPや従業員の安全対策、あるいは企業価値といった観点から、東京2020大会に対してどのような影響を考え、どう対策しようとしているのかを、大会2年前である今年、来年、そして開催直前となる再来年と継続的にその変化を分析していくものです。

調査方法および結果

オリンピック・パラリンピック関連記事

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる