調査方法および結果

調査概要

本アンケート調査は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)に向け、各企業が大会開催における影響をどのように考え、どのように活動しようとしているのか、今後それらがどのように変化していくのかを明らかにするとともに、

  1. 今後の組織のリスクマネジメント活動をより有意義なものにしていく、
  2. 今後の五輪開催に関わる組織に役立ててもらう
ことを目的に実施するものです。

目的と対象者

  1. 国内企業組織
    2018年、2019年、東京2020大会直前と実態調査結果を発表していくことで各企業の東京2020大会に向けた必要な備えを啓蒙する
  2. 2024年以降のオリパラ大会開催都市
    今回の経年調査を東京2020大会のレガシーの一つとして発表し、次回以降の開催都市において、「民間企業が実施しておくべき事前の備えや行政機関としての働きかけやその時期」等について、参考にしていただく

東京2020大会と本アンケートの進め方(3ヶ年計画)

東京2020大会と本アンケートの進め方(3ヶ年計画)は以下の通りとなります。

※新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京2020大会の延期が決まりました。
 これに伴い第3回調査は日程の組み直しを行います。
 詳細につきましては決定次第、ホームページなどでお知らせいたします。

 


調査結果

第一回調査アンケート基本設計
調査期間:2018年6月8日~6月22日
手法:Webアンケート
対象:民間企業のリスクマネジメント担当者


第二回調査アンケート基本設計
調査期間:2019年5月21日~6月3日
手法:Webアンケート
対象:民間企業のリスクマネジメント担当者


当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる