リスク管理Naviリスクマネジメントのワンストップ情報サイト

リスクマネジメント速報

【速報】茨城県行政情報システムを「クラウド型仮想基盤」へ移行

2015年03月27日

茨城県(県知事:橋本 昌)における今後の庁内行政情報システムのIT基盤として「クラウド型仮想基盤」を構築し、本格的に稼働しました。これにより茨城県は、BCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)とセキュリティの強化を実現します。

同県では、多数の行政情報システムが各課により構築・設置され、庁内で運用・管理されていました。そのため、災害時のBCPとセキュリティの強化、加えて、ハードウェアの管理・運用にかかるコストと職員の作業負荷の低減が課題となっていました。

こうした背景のもと、今回、データセンター内のハードウェアやOSなどをネットワーク経由で利用できるIaaS*型の「クラウド型仮想基盤」サービスを導入し、行政情報システムのIT基盤として利用を開始しました。今後、行政情報システムは庁外の堅ろうなデータセンター内で運用・管理され、職員は、茨城県が整備したセキュリティの高い情報通信ネットワークである「いばらきブロードバンドネットワーク」を介し、行政情報システムを利用します。

今後、2014年度から2018年度にかけて、各課で運用・管理されている行政情報システムを「クラウド型仮想基盤」へ段階的に移行し、集約する予定です。また、「クラウド型仮想基盤」の市町村との共同利用など、「コミュニティクラウド」として進化させていくことも検討していきます。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム