リスク管理Naviリスクマネジメントの情報サイト

リスクマネジメント速報

防災気象情報を11か国語で周知、危険度分布や雨雲の動きなど 気象庁

2019年08月20日

気象庁は7月31日、気象庁ホームページで発表している危険度分布および雨雲の動きについて、11か国語での情報提供を開始したと発表しました。英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、 インドネシア語、ベトナム語、タガログ語、タイ語、ネパール語、日本語の11か国語に対応しています。

危険度分布は大雨警報(土砂災害/浸水害)や洪水警報に応じ、地図上に危険度を5段階に色分けして示します。雨雲の動きはリアルタイムの状況を地図上に表示し、注意を呼び掛けるものです。

気象庁では気象情報の多言語化を進めており、7月3日から危険度分布および雨雲の動きの6か国語対応を開始。今回、新たに5か国語を追加し11か国語としました。さらに2019年9月頃には、他の防災気象情報についても11か国語での情報提供を開始するとしています。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる