久野 陽一郎 | 社員紹介 | ニュートン・コンサルティング株式会社

社員の声

-今はどんなお仕事をされていますか?

チームリーダーとして主に4つの業務があります

私は、BCPソリューションのチームリーダーとして大きく分けて4つの業務を行っています。

1つ目はBCPソリューションの戦略立案です。これは、毎年どうやって戦っていくか(BCPサービスのセールス活動)を考えることです。マーケットの状況に基づいて、売上目標を設定し、営業戦略、マーケティング戦略、提供するサービスの構築、体制の整備をし、具体的なアクションプランに落とし込みます。4半期ごとに全社の戦略会議で進捗状況を共有し、軌道修正を行いながら、目標達成に向けて走ります。

2つ目は営業活動で、マーケティングと営業活動に分かれます。
マーケティング活動は、マーケティング部門と一緒にセミナーの開催やウェブコンテンツの作成、BCMNaviに掲載する記事やメルマガ記事の執筆などを行います。当社はプッシュ型の営業は殆どしないので、マーケティング活動の成果として問い合わせがきたお客様に対して営業活動をします。顧客訪問による要件定義、提案書の作成、契約締結までを行います。営業活動は既存のお客様に対しても継続的にご支援させて頂けるように、新しいサービスや支援内容をご提案させていただきます。

3つ目はお客様へのデリバリーです。現状の課題を「見える化」し、解決のお手伝いをすることです。おもな作業としては、現状評価、ルール作り、教育、訓練、運用改善に分かれます。それぞれに対して、現状の課題を整理し、解決策を提案するのが仕事です。プロジェクトは必ず複数人のチームを作り遂行するため、チームプレイヤーでかつリーダーシップを発揮することを求められます。お客様は、金融機関、商社、メーカー、ITサービス会社、旅行会社、テーマパークなど多種多様であるため、様々なビジネスモデルを学び、色々な方に出会えることも魅力です。海外への支援も増えており、現地でしか分からない課題を生で感じることも、この仕事の面白い点です。

4つ目はチームマネジメントで、チーム員のリソース管理と育成をします。リソース管理は、チーム員のスキルや目標、作業量などからどのプロジェクトに配置するかを考えます。また育成とは、各チーム員が設定する個人目標をどう達成するか、その道筋を一緒に考えることです。個人目標には中期的なものと短期的なものがあり、それを達成するために必要なスキルや機会など、チーム員に必要な課題を抽出し、教育プログラムの作成やOJT、定期的な目標管理を実施します。プロジェクトチームでの管理とは異なった、人材育成の面白さがあり、チーム員の成長を感じることは、自分にとっての喜びでもあります。

-何故ニュートン・コンサルティングを選んだのですか?

ベンチャーマインドを持ったコンサル会社

米国の大学を卒業し、帰国後の2年間はITシステム開発の現場で日英の通訳翻訳を行っていました。そこでは、お客様の海外拠点を訪問し、要件定義や開発でのエンジニアとの折衝など、エキサイティングな日々を過ごしてはいました。しかし、もっとビジネスを学びたい、スピード感のある仕事をしたいと漠然と思っており、ベンチャーマインドを持ったコンサルティング会社を探していたところ、当時6人しかいない当社に辿り付きました。その頃はどんな会社か全く分からなかったのですが、仕事内容が面白そうだというところと、様々なことを学べそうだと思い、入社を決めました。

入社後の1年間は、お客様のビジネスモデルが分からない、どんなところに課題があるのか勘所が分からない、そもそも会社の仕組みがどうなっているのか分からないなど、如何に自分が仕事をできないかを改めて感じ、自信が無い日々を過ごしていました。師匠に付き従い、課題整理やビジネスモデルの学び方を叩き込まれ、2年目から少し仕事ができるようになりました。3年目からは、会社の売上の3分の1に値する提案書の作成や、重要顧客のデリバリーを担うことになり、そのあたりから自分の仕事がお客様の役に立っていると自信をもって言えるようになりました。会社の仕組み、ビジネスの仕組み、コンサルタントとしての「いろは」を、ニュートンで一から学んだというのが本当のところです。

-今の夢を教えてください。

己を高め、チーム力を高める

将来の目標としては、会社を経営することです。実は入社4年目に、一人でもやっていけると自信がついてきた頃に、事業を起こすべく一度会社を辞めているんです。社長はじめ、会社のメンバーは快く送り出してくれたのですが、事業が上手くいかず、結局ニュートンに出戻った過去があります。悔しい思いをしたのですが、結果としては貴重な体験をしたと思っています。「立場が人を変える」とはよく言ったもので、短期間ではありましたが経営者の観点で物事を見る力、判断力が身に付いたと感じています。

当面の目標としては、現在率いているチームを20人にすること、チームメンバーからシニアコンサルタントを3人育成すること、そして新規事業を立ち上げビジネスを拡大すること、海外に現地法人を立ち上げ、海外のお客様への支援をさらに強化することなど、色々やりたいことがあります。

これらを実現するために、私自身の営業力やコンサルティング力、執筆力の底上げは勿論ですが、それ以上に人材の育成に力を入れていきたいと考えています。チームを率いる立場になり、「仕事は一人じゃできない」との想いが年々強くなっており、チーム員の「個の力」をどう高めるか、そして「チーム力」としてそれをどう融合させるかを考える日々を送っています。

それぞれのステージで、キツイですが面白い仕事をさせて頂いているので、現在の目標をクリアし、次のステージに行けるようにチーム力を高めていきたいですね。

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-4773983-2', 'auto'); ga('send', 'pageview');