新着情報

  • お客様事例

    標的型メール訓練サービスのお客様事例を公開しました。

    株式会社廣済堂様は、1949年の創業より印刷事業を推進する中で、デジタル技術の将来性にいち早く着目し、現在はITを融合したクロスメディア戦略と求人から人材育成まで行う包括的な人材サービスを提供しています。この度、標的型メール訓練支援サービスのご利用に際し、知財情報事業部庄司 隆氏と情報コミュニケーション事業部ソリューション業務管理課チーフ小林正尚氏にお話を伺いました。

  • お客様事例

    標的型メール訓練サービスのお客様事例を公開しました。

    株式会社廣済堂様は、1949年の創業より印刷事業を推進する中で、デジタル技術の将来性にいち早く着目し、現在はITを融合したクロスメディア戦略と求人から人材育成まで行う包括的な人材サービスを提供しています。この度、標的型メール訓練支援サービスのご利用に際し、知財情報事業部庄司 隆氏と情報コミュニケーション事業部ソリューション業務管理課チーフ小林正尚氏にお話を伺いました。

  • サービス

    小冊子プレゼント『絵でわかるシリーズ「ERM」 リスクマネジメント「超」基礎講座 1時間目』の提供を開始しました。

    過去1年間を振り返ってみても、企業の様々な事故・不祥事が報道されており、リスクマネジメントの意義、必要性が高まっています。しかし、勉強をしようと思っても、専門用語はもちろん、カタカナ用語が多く、難しい説明ばかりで、実際に日々の業務にどう役立つのかピンと来ません。本小冊子は、そんなみなさまのために、わかりやすさの一点を追究しご用意したものです。イラストをふんだんに使用し、どなたにでも理解しやすい内容となっています。

  • サービス

    小冊子プレゼント『絵でわかるシリーズ「ERM」 リスクマネジメント「超」基礎講座 1時間目』の提供を開始しました。

    過去1年間を振り返ってみても、企業の様々な事故・不祥事が報道されており、リスクマネジメントの意義、必要性が高まっています。しかし、勉強をしようと思っても、専門用語はもちろん、カタカナ用語が多く、難しい説明ばかりで、実際に日々の業務にどう役立つのかピンと来ません。本小冊子は、そんなみなさまのために、わかりやすさの一点を追究しご用意したものです。イラストをふんだんに使用し、どなたにでも理解しやすい内容となっています。

  • メディア

    @IT 「中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解(1):中堅・中小企業の現実的なセキュリティ対策を考える」

    @ITに「中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解:中堅・中小企業の現実的なセキュリティ対策を考える」と題して、弊社プリンシパルコンサルタント内海良のコラム記事が掲載されました。

  • メディア

    @IT 「中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解(1):中堅・中小企業の現実的なセキュリティ対策を考える」

    @ITに「中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解:中堅・中小企業の現実的なセキュリティ対策を考える」と題して、弊社プリンシパルコンサルタント内海良のコラム記事が掲載されました。

  • セミナー

    「福島から発信する防災知見と防災産業化の可能性を考えるWS」2017年2月23日

    2017年2月23日に開催される「福島から発信する防災知見と防災産業化の可能性を考えるWS」(主催 福島の復興を考える会)に当社コンサルタントの松原と山田が講師として登壇します。本ワークショップは、「福島の復興を考える会」の主題である「福島の復興は新たな産業創生から」のテーマに沿って開催される第22回目の分化会となります。一般聴衆参加は無料です。

  • セミナー

    「福島から発信する防災知見と防災産業化の可能性を考えるWS」2017年2月23日

    2017年2月23日に開催される「福島から発信する防災知見と防災産業化の可能性を考えるWS」(主催 福島の復興を考える会)に当社コンサルタントの松原と山田が講師として登壇します。本ワークショップは、「福島の復興を考える会」の主題である「福島の復興は新たな産業創生から」のテーマに沿って開催される第22回目の分化会となります。一般聴衆参加は無料です。

  • セミナー

    「中堅・中小企業のサイバーセキュリティ対策セミナー」2017年3月

    「中堅・中小企業のサイバーセキュリティ対策セミナー」( 2017年3月3日開催、ベースラインAPT対策コンソーシアム (BAPT)主催)にて、弊社内海が「 身の丈にあったサイバーセキュリティ~中堅・中小企業はここから取り組め~」と題して講演を行います。IT部門やシステム担当のみではなく、組織全体でサイバー対応を進めていくための勘所をご紹介します。

  • セミナー

    「中堅・中小企業のサイバーセキュリティ対策セミナー」2017年3月

    「中堅・中小企業のサイバーセキュリティ対策セミナー」( 2017年3月3日開催、ベースラインAPT対策コンソーシアム (BAPT)主催)にて、弊社内海が「 身の丈にあったサイバーセキュリティ~中堅・中小企業はここから取り組め~」と題して講演を行います。IT部門やシステム担当のみではなく、組織全体でサイバー対応を進めていくための勘所をご紹介します。

  • サービス

    「マネジメントシステム内部監査代行サービス」の提供を開始しました。

    有効性の高い改善指摘を行い、お客様の経営目標達成をより確実にする「マネジメントシステム内部監査代行サービス」の提供を開始しました。

  • サービス

    「マネジメントシステム内部監査代行サービス」の提供を開始しました。

    有効性の高い改善指摘を行い、お客様の経営目標達成をより確実にする「マネジメントシステム内部監査代行サービス」の提供を開始しました。

  • サービス

    「金融機関向けサイバーレジリエンス向上サービス」の提供を開始しました。

    組織のサイバーレジリエンスの現状を客観的に評価し、弱点を特定。「現状の姿、あるべき姿、及びそのギャップ」を明確にし、複雑化するサイバー攻撃に対して効率的かつ効果的な投資・対応計画を推進する「金融機関向けサイバーレジリエンス向上サービス」の提供を開始しました。

  • サービス

    「金融機関向けサイバーレジリエンス向上サービス」の提供を開始しました。

    組織のサイバーレジリエンスの現状を客観的に評価し、弱点を特定。「現状の姿、あるべき姿、及びそのギャップ」を明確にし、複雑化するサイバー攻撃に対して効率的かつ効果的な投資・対応計画を推進する「金融機関向けサイバーレジリエンス向上サービス」の提供を開始しました。

  • メディア

    電材ジャーナル632号「リスクマネジメント講座 第1回 現場に求められるリスクマネジメントとは」

    電材ジャーナル632号に、「リスクマネジメント講座 第1回 現場に求められるリスクマネジメントとは」と題して、コンサルタント滝沢が執筆したコラム記事が掲載されました。

  • メディア

    電材ジャーナル632号「リスクマネジメント講座 第1回 現場に求められるリスクマネジメントとは」

    電材ジャーナル632号に、「リスクマネジメント講座 第1回 現場に求められるリスクマネジメントとは」と題して、コンサルタント滝沢が執筆したコラム記事が掲載されました。

  • お客様事例

    BCP訓練支援サービスのお客様事例を掲載しました。

    株式会社三越伊勢丹ホールディングス様は2008年より発足し、株式会社三越伊勢丹等の百貨店運営会社を各地に展開しています。発足以来、百貨店業界を牽引し続けている同社ですが、近年百貨店事業のみならず、デジタル関連事業、飲食事業、ブライダル事業等、新規・成長事業にも積極的に参入しています。この度、初動対応シミュレーション訓練支援サービスのご利用に際し、総務部総務・企画担当長辻井隆之様、同マネージャー佐藤朋広様にお話を伺いました。

  • お客様事例

    BCP訓練支援サービスのお客様事例を掲載しました。

    株式会社三越伊勢丹ホールディングス様は2008年より発足し、株式会社三越伊勢丹等の百貨店運営会社を各地に展開しています。発足以来、百貨店業界を牽引し続けている同社ですが、近年百貨店事業のみならず、デジタル関連事業、飲食事業、ブライダル事業等、新規・成長事業にも積極的に参入しています。この度、初動対応シミュレーション訓練支援サービスのご利用に際し、総務部総務・企画担当長辻井隆之様、同マネージャー佐藤朋広様にお話を伺いました。

  • セミナー

    「今考えるべきBCP~いつ来るかわからない脅威にどのように備えるか」2017年2月

    2017年2月13日開催の経営課題シンポジウム「今考えるべきBCP」(主催:日経ビジネスオンライン)にて、弊社代表副島が「IT-BCPを難しくする本当の理由」と題して基調講演を行います。経営の攻めと守り、両面に寄与できるIT‐BCPとはどのようなものなのか?なぜIT‐BCPは難しいのか?本講演では現場に視野が閉じてしまいがちなITの在り方を経営が要求する俯瞰した視点から解説します。

  • セミナー

    「今考えるべきBCP~いつ来るかわからない脅威にどのように備えるか」2017年2月

    2017年2月13日開催の経営課題シンポジウム「今考えるべきBCP」(主催:日経ビジネスオンライン)にて、弊社代表副島が「IT-BCPを難しくする本当の理由」と題して基調講演を行います。経営の攻めと守り、両面に寄与できるIT‐BCPとはどのようなものなのか?なぜIT‐BCPは難しいのか?本講演では現場に視野が閉じてしまいがちなITの在り方を経営が要求する俯瞰した視点から解説します。

  • セミナー

    「サイバー攻撃対策セミナー」2017年1月

    2017年1月31日開催の「サイバー攻撃対策セミナー」にて、弊社内海が「リオ五輪におけるサイバーセキュリティとこれから日本企業に求められることとは」と題して講演を行います。リオ五輪では、過去最大規模のDDoS攻撃を受けたほか、4000万ものセキュリティ・アラートが検知されましたが、いずれも防御に成功しています。どのように備えてきたかを解説します。

  • セミナー

    「サイバー攻撃対策セミナー」2017年1月

    2017年1月31日開催の「サイバー攻撃対策セミナー」にて、弊社内海が「リオ五輪におけるサイバーセキュリティとこれから日本企業に求められることとは」と題して講演を行います。リオ五輪では、過去最大規模のDDoS攻撃を受けたほか、4000万ものセキュリティ・アラートが検知されましたが、いずれも防御に成功しています。どのように備えてきたかを解説します。

  • ニュース

    年末年始の営業につきまして

    2016年12月30日(金)~2017年1月3日(火)は、誠に勝手ながら休業とさせていただきます。休業期間中のお問い合わせや各種お申込み等につきましては、1月5日以降に対応させていただきます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  • ニュース

    年末年始の営業につきまして

    2016年12月30日(金)~2017年1月3日(火)は、誠に勝手ながら休業とさせていただきます。休業期間中のお問い合わせや各種お申込み等につきましては、1月5日以降に対応させていただきます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  • お客様事例

    ISO9001認証取得支援サービスのお客様事例を掲載しました。

    株式会社インターソフト様は、お客様のご要望に応じてシステムやソフトウェアの開発を専門に行うプログラム制作会社です。自然言語処理(日本語処理、形態素解析)に強く、日本語全文検索エンジンやiPhone向けアプリや、Android向けアプリ、セキュリティに配慮したシステム開発などを強みとしています。この度のISO9001品質マネジメントシステムの認証取得について、代表取締役社長 笹原和弘様、リーダー 森寛樹様、ITソリューション部 飯塚隆雄様にお話を伺いました。

  • お客様事例

    ISO9001認証取得支援サービスのお客様事例を掲載しました。

    株式会社インターソフト様は、お客様のご要望に応じてシステムやソフトウェアの開発を専門に行うプログラム制作会社です。自然言語処理(日本語処理、形態素解析)に強く、日本語全文検索エンジンやiPhone向けアプリや、Android向けアプリ、セキュリティに配慮したシステム開発などを強みとしています。この度のISO9001品質マネジメントシステムの認証取得について、代表取締役社長 笹原和弘様、リーダー 森寛樹様、ITソリューション部 飯塚隆雄様にお話を伺いました。

  • セミナー

    「サイバーセキュリティ対策フォーラム2017」2017年1月

    2017年1月27日開催の「サイバーセキュリティ対策フォーラム2017」にて、弊社内海が「最新のサイバーセキュリティ動向と、企業経営の取るべき対策を考える」と題して特別基調講演を行います。国内での脅威事例はもとより、海外で起こっている最新のサイバー攻撃の動向など、弊社の取材による著名な国際的イベントでのサイバー攻撃対策事例を含めて、事業継続を主眼においたサイバーセキュリティ対策についてご紹介します。

  • セミナー

    「サイバーセキュリティ対策フォーラム2017」2017年1月

    2017年1月27日開催の「サイバーセキュリティ対策フォーラム2017」にて、弊社内海が「最新のサイバーセキュリティ動向と、企業経営の取るべき対策を考える」と題して特別基調講演を行います。国内での脅威事例はもとより、海外で起こっている最新のサイバー攻撃の動向など、弊社の取材による著名な国際的イベントでのサイバー攻撃対策事例を含めて、事業継続を主眼においたサイバーセキュリティ対策についてご紹介します。

  • メディア

    情報産業新聞(2016年12月12日)

    日本情報産業新聞(2016年12月12日)に「中堅・中小企業のセキュリティリスクを低減」と題して、弊社が参画している『⾼度標的型攻撃(APT)に対するコンソーシアム(BAPT: Baseline APT-solution consotium)』について取り上げられ、プリンシパルコンサルタント内海のインタビュー記事が掲載されました。

  • メディア

    情報産業新聞(2016年12月12日)

    日本情報産業新聞(2016年12月12日)に「中堅・中小企業のセキュリティリスクを低減」と題して、弊社が参画している『⾼度標的型攻撃(APT)に対するコンソーシアム(BAPT: Baseline APT-solution consotium)』について取り上げられ、プリンシパルコンサルタント内海のインタビュー記事が掲載されました。

  • メディア

    大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

    弊社代表 副島が「カテゴリー別リスクマネジメントの進め方」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第5回 事故災害リスクを考える」が掲載されました。

  • メディア

    大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

    弊社代表 副島が「カテゴリー別リスクマネジメントの進め方」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第5回 事故災害リスクを考える」が掲載されました。

  • サービス

    脆弱性診断サービスの提供を開始しました。

    組織が管理するネットワークやWebアプリケーションに潜む脆弱性(問題点)をついたサイバー攻撃に対するセキュリティ強化の入り口対策として効果的な脆弱性診断サービスの提供を開始しました。

  • サービス

    脆弱性診断サービスの提供を開始しました。

    組織が管理するネットワークやWebアプリケーションに潜む脆弱性(問題点)をついたサイバー攻撃に対するセキュリティ強化の入り口対策として効果的な脆弱性診断サービスの提供を開始しました。

  • メディア

    リスク対策.com 11月号に当社副島、内海の寄稿記事が掲載されました。

    リスクマネジメントの専門誌、リスク対策.com 2016年11月号の特集記事『リオ五輪から学ぶ、日本の危機管理を高めるヒント』に弊社副島、内海がリオ五輪視察記『シナリオ絞り組織一体で効果的な訓練を』、『東京大会はリオの数倍の攻撃が起きる』の2編を寄稿いたしました。

  • メディア

    リスク対策.com 11月号に当社副島、内海の寄稿記事が掲載されました。

    リスクマネジメントの専門誌、リスク対策.com 2016年11月号の特集記事『リオ五輪から学ぶ、日本の危機管理を高めるヒント』に弊社副島、内海がリオ五輪視察記『シナリオ絞り組織一体で効果的な訓練を』、『東京大会はリオの数倍の攻撃が起きる』の2編を寄稿いたしました。

  • ニュース

    ニュートン・コンサルティングは設立10周年を迎えました。

    平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。弊社は本年11月13日をもちまして設立10周年を迎えました。
    これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。このたび設立10周年を迎えることができましたのは、多くのお客様に支えられ、皆様のご指導とお力添えのおかげと深く感謝しております。 これを機に社員一同決意を新たに、いま一度創業の精神に立ちかえり、一層の努力をして皆様のご愛顧にお応えしていく所存でございます。 今後とも、なにとぞご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

  • ニュース

    ニュートン・コンサルティングは設立10周年を迎えました。

    平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。弊社は本年11月13日をもちまして設立10周年を迎えました。
    これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。このたび設立10周年を迎えることができましたのは、多くのお客様に支えられ、皆様のご指導とお力添えのおかげと深く感謝しております。 これを機に社員一同決意を新たに、いま一度創業の精神に立ちかえり、一層の努力をして皆様のご愛顧にお応えしていく所存でございます。 今後とも、なにとぞご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

  • メディア

    大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

    弊社代表 副島が「カテゴリー別リスクマネジメントの進め方」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第4回 風評リスクを考える」が掲載されました。

  • メディア

    大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

    弊社代表 副島が「カテゴリー別リスクマネジメントの進め方」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第4回 風評リスクを考える」が掲載されました。