BCP訓練・演習支援サービス

今、多くの企業が地震や災害などの不慮の事態を想定した事業継続計画(BCP)を策定されています。
しかし、手順書を策定しただけでは、それが不測の事態(インシデント)が発生した際に計画した通りに機能するとは限りません。BCPの実効力を高めるためには、BCP訓練(演習・テスト)によりその有効性を検証し、より実践的なBCPへと改善、習熟度を向上させることが不可欠です。

そこで、当社では短期間でBCP訓練を実施し、お客様のBCPがきちんと機能するのかを検証し、改善点を洗い出し、BCPの実効力を高めるお手伝いをさせて頂いております。

BCP訓練・演習支援サービスの目的とメリット

策定したBCPに抜け漏れがないかを確認できます (BCPの有効性の検証)
BCP訓練シナリオに基づいてBCPを発動した場合に、復旧手順に必要なプロセスが抜けていないか、事業継続に必要な体制や対応手段、ルールがBCPで網羅されているかなどを確認することができます。

事業継続に必要なリソースを再確認することができます
BCPを実施する上で、必要な施設や設備(作業場所、通信環境や方法、情報技術など)に加えて、それらを維持するために必要な人員などを確認できます。

策定したBCPや手順書の行動手順を検証できます
業務を継続するために、必要な代替人員の確保や業務手順を変更した場合に、手順どおりに運用が可能かを検証することができます。

事務局だけでなく社内の人員が計画通りに動けるか確認できます (啓蒙、教育)
緊急時対応の手順やBCPの重要性について社内の意識を高め、インシデントに対応するための各自の役割、責任、権限を確認することができます。

BCPを改善することが可能です
BCP訓練では、BCPの抜け漏れや手順を確認し、改善事項を洗い出すだけでなく、抜けている手順などに対応する手段を検討することになります。そのため、BCP訓練中に改善活動を実施することが可能となります。

サービスメニュー

当社では、お客様のBCPの成熟度に応じて、多彩な訓練・演習メニューをご用意しております。
201601201207_1.jpg
上記の演習手法ごとの特徴や事例を詳しく解説した小冊子をダウンロードいただけます。
>>> ダウンロードはこちらから <<<

BCP勉強会

目的 BCPに対する知識、能力の習得
対象者 テーマにより、一般社員、経営層、危機管理部門、要継続業務部門など
概要 BCPに関する基礎知識や、策定手法、内部監査員養成など幅広い分野に対応いたします。座学だけではなく、ワークショップ形式で頭と手を動かしていただくなど、短期間で効果が期待できる内容です。

ニュートン・アカデミーでは訓練研修コースもご用意しております。
>>これだけは押さえたい4つの訓練手法
201601201727_1.jpg     201601201727_2.jpg

経営陣向けBCP研修

目的 BCPに対する知識、能力の習得
対象者 経営者
概要 一方通行の講義を最小限におさえ、講師と参加者がインタラクティブに進めていく実践的な室内研修です。
まとまった時間をとることが難しい経営者の方々のご要望に合わせ、1回1~2時間のセッションを複数回に分けて行います。

災害シミュレーション

目的 参加者の災害に対する危機感を高める
対象者 全員(これから事業継続計画の構築、運営に携わる予定の方には特に効果的)
概要 災害を想定した状況に対し、現時点でどの程度の対応能力があるかを確認する簡易訓練です。BCP策定に先立ってこの災害シミュレーションを行うことにより、参加者の意識向上や現状の課題を明らかにする効果があります。
201601201232_1-200x150.jpg     201601201232_2-200x0.jpg     201601201232_3-200x0.jpg

劇場型ウォークスルー演習

目的 室内でできるだけ実践的な訓練を体験する
対象者 全員(職務部門不問)
概要 ウォークスルーとは文書を皆で確認することを意味します。劇場型ウォークスルーではファシリテーターが参加者の反応を見ながら場面演出や情報付与を行い、全体の流れを確認します。
201601201232_4.jpg

災害図上演習(Disaster Imagination Game)

目的 鮮明な被害想定をイメージする、地域の特性を知る
対象者 全員(職務部門不問)
概要 ファシリテーターが最初にごく簡単な被災想定を説明した後、参加者は与えられた基本情報に基づき具体的な被害想定を行います。気が付いた危険個所や事象について地図上に書き込みます。
201601201323_1.jpg     201601201323_2.jpg

机上演習

訓練の種類と目的 <テスト>
BCPの行動計画が、設定した目標を達成できるかを確認する
<トレーニング>
参加する人のスキル(練度)を向上させる
<エクササイズ>
計画した行動計画以外のイレギュラーな事態に対して、対応可能か検証する(何が起きても対応できるか)。BCPの有効性を向上させる
対象者 災害対策本部員およびBCP対象部門の現場担当者、上長など災害時に実際に意思決定をされる方(教育目的の場合はどなたでも参加可能)
概要 会議室などに参加者が集まり、ファシリテーターが提供する被災想定に基づき行動計画の検証を行ったり、参加者のスキルの向上を図ります。 演習の効果を高めるため、以下のような演出を行います。
  • スライドの投影
被災状況を適宜スライドで提供します。情報収集の役割をスライドに任せることで限られた時間・メンバーでの演習を可能にし、参加者は意思決定や行動計画の検証に集中できます。
  • 情報カードの配布
参加する個人やチームに応じて異なる情報が記載されたカードを配布します。有事の情報集約作業をよりリアルに実施したい時などに使用します。
  • 意思決定訓練
参加者は設問に対し"「○」「×」"、"「はい」「いいえ」"などのカードで回答し、回答を選んだ理由を話し合います。有事には「都市部で電車が止まっているが負傷した家族のために帰宅を希望する従業員に帰宅を許可するか否か」のように判断に迷う意思決定が求められます。話し合いを通して意思決定力の向上をねらいます。
  • コマンドセンター訓練
参加者は被災想定に基づき、何時、どこに、人やモノ(車両・物資)などの資源を、どの程度投入するかを会議室などで検討します。人やモノをカードに置き換えて机上に配置するため資源の動きを視覚的に把握できます。
201601201323_3.jpg   201601201323_4.jpg

オリエンテーリング初動訓練

目的 災害発生直後に身を守るための行動ルールを理解する
対象者 自衛消防隊
一般社員
概要 執務エリアなど実際の業務スペースの地図を見ながら、災害時に起こり得る事象を把握し、その時にどのような行動をすべきかを学ぶプログラムです。 例えば、負傷者や火災が発生する恐れのある箇所があれば、参加者に危険個所の注意を促すとともにその対処方法(救急箱や消火器の配置場所、使用方法の確認)をその場で伝えることで、危機対応のルールに対する理解が深まることをねらいます。
201601201323_5.jpg     201601201323_6.jpg

実働演習

目的 事業継続能力の向上
対象者 <BCP訓練の場合>災害対策本部員およびBCP対象部門の現場担当者、上長などの災害時に実施に意思決定をする方。
<初動訓練の場合>どなたでも参加可能。
概要 物理的なアクションを伴う訓練です。特定の行動計画(手順)や技術的プロセスの確認・検証を目的に応じて行います。 机上訓練に比べ、より実践的かつ具体的な訓練ですので、既にBCMSを導入されている組織には最適です。具体的には以下のような活動があります。
  • 情報の整理
実際に使用する機器や報告フォーマットを用いて対策本部などへの報告を行います。フォーマットの使い勝手、活動の負荷を検証できるメリットがあります。
  • 情報の共有
災害対策本部で収集した情報を関係各所と共有します。複数の拠点間でテレビ会議システムなどを利用して連携する場合には機材の稼働確認とともに、限られた時間内に誰とどんな情報を共有するかも確認します。
  • 情報の発信
収集した情報を基に今後の活動方針・計画、自組織の被害状況や復旧の目途、緊急時の連絡先など主要な取引先に発信します。どのような情報をどのように発信するかを検証できます。
  • バックアップサイトの稼働
バックアップサイトなど平時の業務環境とは異なる場所で行うシステム等の起動、操作を伴う訓練です。業務に支障がでないように綿密な計画が必要ですが、有事に使用する機器を確認できる利点があります。
201601201323_7.jpg     201601201323_8.jpg

ストリートワイド / インダストリーワイド演習

目的 一企業内にとどまる訓練ではカバーできないポイント(他社との相互依存関係)の検証。業界や地域全体の事業継続能力を検証および向上。
対象者 各組織のトップおよび現場担当者、災害時に実際に意思決定をする方に参加して頂きます。教育目的の場合は、どなたでも参加できます。
概要 複数の組織を巻き込んだ比較的大規模な訓練です。同じ業界に属する組織や、地域の警察や消防署などの公共機関を巻き込んだ形での訓練などがあります。
参加組織と目的 <市区町村や消防署等>
災害時の初動を行政・消防と実際に活動する参加者の経験値向上を目的とした訓練です。
<取引先>
取引先の災害時の取組みをお互いが理解し、現状の対応力、組織間連携の有効性や課題を整理することを目的とした訓練(企業間連携訓練)です。取引先がBCP教育を目的として参加する場合は取引先のBCPの策定有無は関係ありません。
201601201323_9.jpg     201601201323_10.jpg

サービスの流れ

110_ext_05_5.gif

サービスの流れ

現状調査

お客様に事前に質問表をご記入頂き、それを元にインタビューを実施いたします。BCPの策定状況や重要業務等のヒアリングを行い、BCP訓練を実施するにあたっての方針、対象範囲(対象部門や対象システムなど)、対象リスク、BCP訓練手法などを確定いたします。その際に、本サービスでは、短期間でBCP訓練を実施するために、対象となるリスクを1つに特定します。(パンデミック/地震/システム停止)

BCP訓練・演習 計画策定

お客様インタビューの結果を元に当社にてBCP訓練・演習計画を策定いたします。

対象部門やシステム、対象リスクやBCP訓練手法などから訓練のシナリオを想定し、日程やスケジュールを含めたBCP訓練・演習計画(案)をご提出します。

BCP訓練・演習 計画調整

当社で策定したBCP訓練・演習計画(案)を元にお客様のご要望を踏まえ、カスタマイズさせて頂きます。シナリオの詳細や当日の時間割など、お客様のご要望に合わせて修正し、より効果的に実行できるBCP訓練・演習計画を作ります

BCP訓練・演習 実施と報告会

BCP訓練・演習計画にそってBCP訓練・演習を実施いたします。実施にあたっては当社コンサルタントが司会・進行をつとめさせていただきながら、訓練中に出現した改善要望を記録します。訓練終了後には報告会を開催し、訓練で明らかになった改善点を報告するとともに今後の課題を整理させて頂きます。

成果物

・BCP訓練・演習計画(シナリオ、BCP訓練・演習手順等)

・報告書(改善項目、改善策)

お客様事例

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。