企業を強くするサイバー演習

商品情報

第一線セキュリティ・コンサルタントによる
サイバー攻撃対策とセキュリティ演習のテキスト

書籍名 企業を強くするサイバー演習
著者 内海 良
監修 ニュートン・コンサルティング株式会社
出版社 株式会社翔泳社
定価 2,420円(税込)
ページ数 192頁
ISBN 9784798167763
発売日 2020/11/25
購入方法 オンライン書店

書籍紹介

サイバー攻撃の脅威は増すばかりです。企業からの「サイバー演習をやりたいので手伝ってほしい」というニーズも多くあります。一方で「サイバー演習ってどうやるの?」「実際に自社のICTシステムは止められたら困るのだけれど……」などの声が非常に多いのも事実です。本書は、ニュートン・コンサルティングが、これまで数多くの顧客にサイバー演習の支援を実施してきた事例をとりまとめ、ノウハウを結集したものです。通読しても理解しやすく、演習やセミナーのテキストとしても日々サイバー対応を最前線で行っている皆様のお役に立つ内容です。

このような方におすすめ

ITの実務担当者からセキュリティ担当者、企業のCISO、経営者まで

  • セキュリティ統括部門に配属されたばかりで、すぐにでも基礎知識を習得したい方
  • 管理系部門には長くいるが、セキュリティ知識を改めて体系的に習得したい方
  • 経営層でサイバー演習が必要と考えている方
著者メッセージ

本書は、企業等組織のCIOやCISO、IT部門やリスクマネジメント部門の責任者や実務担当者の方々など、今後サイバー演習の企画や実務を求められるであろう皆様を対象に、サイバー演習の設計から実施、評価、改善までの実践方法をやさしく解説しています。

主要な目次
第1章 サイバー演習の重要性 サイバー演習が注目されるワケ
第2章 事前準備を行おう
第3章 演習計画書をつくろう
第4章 演習シナリオを作成しよう
第5章 サイバー演習を開催しよう
第6章 評価・改善をしっかりやろう
第7章 やってみよう「標的型メール攻撃による情報漏えい」
第8章 やってみよう「WEB改ざんによるマルウェアの拡散」
第9章 やってみよう「DDOS攻撃によるWEBサービス停止」
第10章 やってみよう「ランサムウェア感染拡大による業務停止」
第11章 やってみよう「OTシステムへの攻撃による生産機能の停止」
  おわりに

著者プロフィール

内海 良
ニュートン・コンサルティング株式会社
執行役員 兼 プリンシパルコンサルタント

オーストラリア留学後、日本でのプログラマー、SE経験を経て2004年に渡英。グループ会社である英国法人NEWTON ITにてSE部門、コールセンター部門、セキュリティコンサルティング部門、営業部門のマネージャを歴任。欧州を舞台にITガバナンス、情報セキュリティ、BCPの策定をはじめ、その高いスキルを活かして数多くのシステムインテグレーション、ペネトレーションテスト等のプロジェクトをこなす。 2010年より現職。以降、数多くの民間企業の支援をする傍ら、事業部長として官公庁との革新的なプロジェクト実績を積み重ね、近年は金融機関を中心に支援。そのお客様の本質を理解し、ゴールまで遵進するスタイルは多くのお客様から評価されている。

JIPDEC(日本情報処理開発協会) BCMS技術専門部会委員 CISSP, AMBCI, LPT(Licensed Penetration Tester), ECSA(EC-Council Security Analyst), CEH(Certified Ethical Hacker), MCSE, ITIL Foundation V3, CCNA、ニュートン・アカデミー講師

プロフィール詳細はこちら
当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる