ファルコンストアとBCPコンサルティング / 教育事業で提携
~経営/ビジネス、ITシステム両面をカバーするBCP無料相談窓口を共同で運営~

2009年03月27日

経営視点でリスクマネジメント・コンサルティングを行うニュートン・コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 副島 一也)と、統合バックアップ/高速リカバリソリューションのファルコンストア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山中 義晴、以下 ファルコンストア)は、BCP(事業継続計画)コンサルティング/教育事業で提携いたしました。

1.提携事業内容

ニュートン・コンサルティングとファルコンストアは、BCP(事業継続計画)コンサルティング/教育事業で提携をし、下記事業を開始いたします。

  • BCPに関して気軽に相談できる共通の窓口「BCPホットライン」の設置
  • 基礎知識セミナーの開催や教育プログラムの充実など、BCPに関する教育事業/啓蒙活動

そこで、ニュートン・コンサルティングでは、こうした企業に、当該テストを利用し自己診断をおこなっていただくことにより、新型インフルエンザへの対策を推進することを目的とし、『新型インフルエンザ 感染危険度診断テスト』の提供を開始いたしました。

2.BCPホットラインの詳細

無料相談窓口「BCPホットライン」は、BCP作成に取り組む企業の方のご質問にお答えするサービスで、2009年4月1日より開始します。経営/ビジネス、ITシステムを問わず、BCP構築の方法から経営層を説得するための判断材料のサンプルご提供、IT-BCPにて考慮すべきシステム要件の洗い出しのお手伝いまで、あらゆるご質問にお答えします。

また、ご希望の企業様にはIT-BCP導入コンサルティング(無料、1時間のヒアリング調査、導入ご提案)も実施いたします。

3.教育事業の詳細

教育事業では、まだ一般的な理解の低い事業継続マネジメントシステム(BCMS)およびBCPについての知識向上を目的とし、基礎知識セミナーの開催や教育プログラムの開発を共同でおこないます。

まずは、ファルコンストア製品のユーザ企業、ならびに、ITシステムのBCPソリューションを提案するファルコンストアのパートナ向けに、BCPの必要性や策定プロセスの考え方を学ぶことができるセミナーの開催や、教育プログラムの開発等を順次行って参ります。

4.業務提携の背景

BCPの重要性は認識していても、何からどう着手したらよいのかという課題を持つ企業が多いのが実情です。また、ITとビジネスが密着している昨今、ITサービス継続対策が重要ですが、データバックアップやシステム冗長化などITシステムの機能面での導入だけが先行する傾向があり、不測の事態に重要な業務を目標時間内に復旧(リカバリ)するという本来の目的を達成できるかどうかという視点が不足しています。

ニュートン・コンサルティングとファルコンストアは、日本におけるBCPの普及・啓発を目的とする業界団体である「BCI Japan Alliance(※)」のメンバとして協力してきましたが、BCPの普及促進のためには、企業のより現実的な課題を解決することが重要であるという共通認識から今回の提携に至りました。

ファルコンストアは、独自技術により継続的にデータをバックアップ/保護し、サービス復旧時間を最短化する「FalconStor CDP」など、BCPに有効なディスクベースの各種ソリューションを提供していますが、ニュートン・コンサルティングと密に連携することで、BCPのニーズに包括的に対応することができ、また自社のリカバリのノウハウを効果的にBCPコンサルの現場に適用させることができます。

『BCPホットライン』について

サービス開始:
2009年4月1日(予定)
サービス内容:
BCP策定・実施に関するメールによるご相談窓口
Web:
BCPホットライン