平成26年度中小企業事業継続計画(BCP)に関する調査 事業概要

事業の背景・目的

中小企業庁では、自然災害等の不測の事態による我が国経済への深刻な影響を避けるための方策として、我が国企業数のほぼ全てを占める中小企業・小規模事業者における「事前の備え」を支援するため、事業継続計画(BCP)の普及促進に努めてきています。

一方、中小企業・小規模事業者における BCP の策定率は、現在 1 割程度であり(平成 24年度中小企業庁調べ)、中小企業・小規模事業者において BCP 策定運用等の効果が十分に認知され、その普及が円滑に進んでいるとは必ずしも言い難い状況にあります。

そのため過年度において、中小企業・小規模事業者における BCP 策定・運用の取組をさらに促進するため、中小企業・小規模事業者を対象とした BCP 策定・運用時の効果、課題に関する調査を実施、BCP 評価方策及び BCP 策定支援のための QA 集を作成しています。

本事業においては、BCP を既に策定している中小企業・小規模事業者に上記 BCP 評価方策を実際に使用してもらい、活用事例及び活用にあたっての問題点を収集・検証し、評価項目の見直し等、BCP 評価方策の改善を図るとともに、評価指標の導入や、評価結果の活用方法について検討のうえ、とりまとめます。

事業の内容

当事業では下記事項をおこないました。

BCP策定・評価
ワークショップ
中小企業者のBCP策定・評価を支援するため、1グループあたり5,6社程度が参加するワークショップを開催する。
個別事例収集
(アンケート調査)
平成25年度中小企業事業継続計画(BCP)に関する調査において作成した自己評価シート「儲かるBCPチェックシート」の有効性チェックをおこなうとともに、活用事例事例の収集、課題の抽出をおこなう。
フォローアップ調査 ワークショップ参加事業者及びアンケート回答事業者に対し、BCPの策定・評価による具体的な効果についてフォローアップ調査を実施する。
検討委員会の開催 上記事業をおこなうにあたり、BCPの策定運用に知見のある学識経験者等の専門家からなる検討委員会を設け、BCP策定・評価による効果、評価手法の検討及びワークショップの運営の手引きについてとりまとめを実施する。
成果の公表 調査報告書、BCP評価手法、BCP策定ワークショップの運営の手引きをとりまとめる。(成果物は追って中小企業庁Webサイトにて公開予定です。)

当サイトでは調査結果レポートの抜粋版とワークショップの事例紹介を掲載しておりますので、是非ご覧ください。