リスク管理Naviリスクマネジメントの情報サイト

リスクマネジメント速報

災害時の輸送確保に向け重要物流道路を指定 国交省

2019年04月05日

国土交通省は4月1日、平常時・災害時を問わない安定的な輸送を確保するため、約3万5,000キロの道路を重要物流道路に指定すると発表しました。重要物流道路は2018年3月の道路法改正で創設されたもので、国際海上コンテナ車(40フィート背高)の特車通行許可を不要とする措置が行われる他、災害時における道路啓開・災害復旧を国が代行するといった特別措置の対象となります。

今回指定されたのは、重要物流道路 約3万5,000キロおよび代替・補完路 約 1 万5,000キロです。今後は高速自動車国道等の高規格幹線道路や地域高規格道路のネットワークを強化する新たな広域道路交通ビジョン・計画を策定するとともに、これを踏まえ、2019年度に、事業中・計画中を含めて新たな重要物流道路の指定を行うとしています。

広域道路交通ビジョン・計画の下、災害時における多重性・代替性を確保する道路間のネットワークの構築が行われ、太平洋沿岸部と内陸部を結ぶための基幹道路を補完する広域的なネットワーク(補完路)を構築、高規格幹線道路の暫定2車線区間の機能強化等、災害時における道路のリダンダンシー(冗長性)の確保が目指されます。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる