サイバー速報

【速報】国内のIoT機器等に関する調査を開始 NICT

2018年11月16日

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、パスワード設定等に不備のあるIoT機器の調査等をNICTの業務に追加(5年間の時限措置)する法律が施行されたことを受け、同調査に向けた事前調査を11月14日から開始しました。

事前調査は日本国内でインターネットに接続されたIoT機器の全体的な傾向、概数等の把握を目的とし、2019年1月末までを目途に実施予定です。国内のIPv4アドレスを対象に、22/TCP(SSH)、23/TCP(Telnet)、80/TCP(HTTP)などの宛先ポートに対してポートスキャンを実施し、ポート開放状態のアドレス数の規模などを調査します。また、ポート開放状態のアドレスに対してバナー情報(機器自身が公開しているサービスの種類やバージョンなどを知らせるメッセージ)を取得し、サービス種類やバージョン情報、機器種別などの状況調査を行います。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる