サイバー速報

【速報】GDPR、日本の「十分性認定」が発効 個人情報保護委員会

2019年01月28日

個人情報保護委員会は、EUの個人情報保護法「EU一般データ保護規則(GDPR)」における日本の「十分性認定」が1月23日付で決定され、日EU間の相互の円滑な個人データ移転を図る枠組みが発効したと発表しました。

2018年5月に施行されたGDPRは、EUで集めた個人データの域外への移転を原則的に禁じており、個人データ提供元と提供先の組織でデータ保護に関する契約締結を義務づけていますが、「保護水準がEU並み」と認める「十分性認定」を受けた国・地域には、同契約なくデータ移転が認められます。日本の十分性認定は2018年内の予定でしたが、遅れが生じていました。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる