• 副島 一也[代表取締役社長]
  • 勝俣 良介[副社長 兼 シニアコンサルタント]
  • 内海 良[シニアコンサルタント]
  • 久野 陽一郎[シニアコンサルタント]

サービス一覧

熊本地震の被災された方へお見舞い申し上げます

CASE STUDY/お客様事例

ヤフー株式会社様

ERM(全社的リスク管理)支援サービス

ヤフー株式会社

2012年6月以降に経営陣を刷新したヤフー株式会社では、201X年までに営業利益を2倍にする(2011年度の営業利益額に対して)という目標を設定しました。目標を達成するためには平均して年率2ケタの成長が必要不可欠であり...

NEWS/新着情報

2016.06.24

BCP訓練支援サービスのお客様事例を掲載しました。

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)様は、東日本大震災をきっかけに策定したBCPの実効性を高めるため、BCP社内研修と訓練を行ってきました。この度、全国に約1,800万人の会員を有する巨大組織JAFにおけるBCP訓練・演習の取組について、事務局の総務部総務課長 神吉様と総務部総務課の星野様にお話を伺いました。
お客様事例:一般社団法人日本自動車連盟(JAF)様
2016.06.24

「ISO9001:2015(QMS)相談会」を開催いたします。

2015年に改訂されたISO9001(品質マネジメントシステム)は、従前と比較して、組織の経営活動とより密接に結びつき、経営目的達成をより確実なものにするといったものに改訂されました。その内容と改訂対応に関わる相談会を実施します。
ISO9001:2015(QMS)相談会
2016.06.21

レジリエンス認証取得支援サービスの提供を開始しました。

国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)取得をお手伝いします。自社の事業継続に関する取組に第三者から認証を受けることで、事業継続のさらなる改善となり、なおかつ顧客や市場に対してPRすることが可能となります。
レジリエンス認証取得支援サービス
レジリエンス認証
一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会
2016.06.03

ISO9001:2015移行支援サービスの提供を開始しました。

ISO9001:2015への対応を目指すお客様の中でも、この改訂対応を機に、実効性ある取り組みに変えていきたいといったお考えをお持ちの組織を対象とした「ISO9001:2015移行支援サービス」の提供を開始しました。
ISO9001:2015移行支援サービス
2016.06.02

海外子会社向けERM(全社的リスク管理)構築サービスの提供を開始しました。

支社や支店、子会社など海外に拠点を持つ、または持つ予定のお客様において、リスク管理の仕組み導入・改善を支援する「海外子会社向けERM(全社的リスク管理)構築サービス」の提供を開始しました。
海外子会社向けERM(全社的リスク管理)構築サービス
2016.06.02

大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

弊社代表 副島が「強い会社を作るリスクマネジメント」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第5回 リスクアセスメント(特定、分析、評価)はこうやる」が掲載されました。
大塚商会「強い会社を作るリスクマネジメント」
2016.5.30

キーマンズネット「中小企業ITコラム」に連載をしています。

弊社コンサルタント高橋がキーマンズネット「中小企業ITコラム」に【レポート】「BCP策定の現場から」と題して連載をしています。
詳細はコチラ:第4回「具体的に対策を検討しよう」キーマンズネット「中小企業ITコラム」
2016.05.25

5月27日(金)は社員合宿のため電話受付を休止しております。

大変恐れ入りますが、ご用件のある方は翌月曜日朝9時以降でおかけなおしをお願いいたします。 また、お急ぎの場合は弊社ホームページお問合せフォームよりお問合せください。
お問合せフォーム
2016.05.24

経営層向けサイバーセキュリティ研修サービスの提供を開始しました。

経営層がどの程度、またどのようにサイバーセキュリティに関わるべきかわからない、他社事例が知りたいという組織を対象とした「経営層向けサイバーセキュリティ研修」サービスの提供を開始しました。
経営層向けサイバーセキュリティ研修
2016.05.09

大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

弊社代表 副島が「強い会社を作るリスクマネジメント」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第4回 組織を管理するルールと仕組みの導入とは」が掲載されました。
大塚商会「強い会社を作るリスクマネジメント」
2016.04.14

ISO/IEC27017(CLS)認証取得支援サービスの提供を開始しました。

クラウドセキュリティ認証に採用される認証基準であるISO27017認証取得支援サービスの提供を開始しました。クラウドサービスを利用される組織のみならず、クラウドサービスを提供する組織に対しても、どのような点に留意して管理策を導入するべきか、基準を示してくれる有益な規格となります。
ISO/IEC27017(CLS)認証取得支援コンサルティング
2016.04.07

無料小冊子『企業の不祥事は、何故起こるのか』の提供を開始しました。

今、世間を騒がせている事件・事故は他人事でしょうか。事件・事故を経験した会社も、起きないはず―― そう思っていた人が多かったはずです。リスクマネジメント部門に携わるすべてのビジネスマンとすべての企業の経営層に向けた無料小冊子「企業の不祥事は、何故起こるのか」をリリースしました。
小冊子『企業の不祥事は、何故おこるのか』
2016.04.05

「ERM(全社的リスク管理)役員研修サービス」の提供を開始しました。

組織の経営を担うマネジメントが、企業人として最低限抑えておくべき最新のリスクマネジメントの専門知識の習得、および、リスク意識の啓発・統一化を狙いとして「ERM(全社的リスク管理)役員研修サービス」の提供を開始しました。
ERM(全社的リスク管理)役員研修サービス
2016.04.01

大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

弊社代表 副島が「強い会社を作るリスクマネジメント」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第3回 リスクマネジメントを支える企業風土の作り方」が掲載されました。
大塚商会「強い会社を作るリスクマネジメント」
2016.3.29

キーマンズネット「中小企業ITコラム」に連載をしています。

弊社コンサルタント高橋がキーマンズネット「中小企業ITコラム」に【レポート】「BCP策定の現場から」と題して連載をしています。
詳細はコチラ:第3回「自社の弱みを認識しよう」キーマンズネット「中小企業ITコラム」
2016.03.18

日刊工業新聞に弊社副島のインタビューが掲載されました。

日刊工業新聞(3月14日)「想定外」のリスクに備え、という記事中に弊社代表副島のインタビュー記事が掲載されました。
2016.03.16

「CSIRT構築支援サービス」「CSIRT演習・訓練支援サービス」の提供を開始しました。

激増する大規模な情報漏洩やシステム障害等を発生させるサイバー攻撃に全社的に対応するための組織「CSIRT構築支援サービス」「CSIRT演習・訓練支援サービス」の提供を開始しました。
CSIRT構築サービス CSIRT演習・訓練サービス プレスリリース
2016.03.07

「IT-BCPセミナー」(主催:リスク対策com)に当社内海が登壇します。

「IT-BCPセミナー~サイバー攻撃から自然災害までIT資産をいかに守る~」(2016年4月8日開催、リスク対策.com主催)において、当社プリンシパルコンサルタント内海良とバークレイズ証券株式会社ヴァイスプレジデント佐柳恭威氏が、英国で進むストリートワイドサイバー演習事例や、CSIRTなどのサイバー攻撃対応のあり方、改善活動のポイントについて、わかりやすく解説します。
詳細&参加申込(無料)はコチラ:IT-BCPセミナー
2016.03.03

大塚商会ウェブサイトにコラムが掲載されました。

弊社代表 副島が「強い会社を作るリスクマネジメント」と題して大塚商会ウェブサイトにコラムを連載しています。「第2回 リスクマネジメントに上手に対応する組織に共通する鉄則とは」が掲載されました。
大塚商会「強い会社を作るリスクマネジメント」
2016.02.26

BCP訓練支援サービスのお客様事例を掲載しました。

東日本大震災をきっかけに、改めて災害対応のためのBCPの実効性を高めるための訓練を継続的に段階を経て行ってきました。この度のBCP訓練について、専務取締役の末永安生様、内部統制室室長の戸田 磨様、内部統制室マネージャーの小林知巳様にお話を伺いました。
お客様事例:株式会社ジェイティービー様

情熱コンサルタント宣言
私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。
新着コンサルタントコラム
コンサルタント南 明日香 鳥のように物事を見る
(南 明日香)

[BCM Navi] 新着記事
ISO37001-贈賄防止マネジメントシステム-[ガイドライン]
[ITIL Navi] 新着記事
攻撃者視点のガイドライン「CSC」を活用したサイバーセキュリティ評価手法[コラム]
3規格統合運用自己適合宣言!(ISO9001、ISO27001、ISO22301)

ニュートン・コンサルティングはISO9001、ISO27001、ISO22301の3つの国際標準規格に対し、自社にて構築・運用しているマネジメントシステムが適合していることを自ら宣言いたします。

ISMS