サイバー速報

【速報】JNSA 2016年個人情報漏えいインシデント調査報告書を公開

2017年06月14日

日本ネットワーク・セキュリティ協会(JNSA)は6月14日、2016年1月1日から12月31日の間に新聞やインターネットニュースなどで報道されたインシデントの記事、組織からリリースされたインシデントに関連した文書などをもとにインシデントの情報を集計し、公開しました。

本報告書は、個人情報が個人情報保護法により保護を義務付けられた情報資産であること、個人情報漏えいは企業の経営者や組織の責任者が認知すべきリスクの一つであることを踏まえ、独自の観点から評価した結果をまとめたものになっています。

漏えい件数は、近年では軽微な個人情報漏えいインシデントの公表が減っているため2014年から減少傾向にあり、468件(前年比320件減)でした。

一方、2016年は700万人を超える大規模なインシデントが1件発生したため、想定損害賠償総額は約2,789億円(前年比262億円増)、一件あたりの漏えい人数は3万1,453人となり、増加した結果となりました。

漏えい原因は、「管理ミス」「誤操作」「不正アクセス」で全体の64%を占める結果となりました。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる