【速報】サイバー攻撃の深刻度を5段階評価する基準を制定 政府

掲載:2018年07月30日

サイバー速報

         
目次

政府は7月25日、サイバーセキュリティ戦略本部の会合を開き、電力や通信などの重要インフラがサイバー攻撃を受けた際に、被害の深刻度を5段階で表す基準を導入することを決定しました。国民や事業者、政府関係機関が被害に対して共通認識を持ち、的確な対応を行うことを目的としています。

政府では重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第4次行動計画を策定し、官民連携による重要インフラ防護の推進を図っています。その取組の一環として、今回の評価基準を導入しました。

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる