サイバー速報

【速報】2018年第3四半期「ウイルスの届け出・相談状況」を公表 IPA

2018年11月02日

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月25日、2018年第3四半期(7月~9月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況を公表しました。ウイルス届出件数は188件で、前年同期(490件)と比べて大幅に減少しています。また、ウイルス検出数は752個で、こちらも前年同期(2,184個)と比べて減少しました。最も多く検出されたウイルスはW32/Mydoomで、454個でした。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる