サイバー速報

【速報】2019年情報セキュリティ十大トレンドを公表 JASA

2019年01月18日

特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)は1月7日、「2019年 情報セキュリティ十大トレンド」を公表しました。このトレンド調査は、JASAの公認情報セキュリティ監査人資格認定を受けた情報セキュリティ監査人約1,700人を対象としたアンケート結果に基づいています。

 

今回の1位は、前年はランク外だった「仮想通貨の盗難、詐欺の拡大」でした。仮想通貨の流出や盗難が相次いだことを受け、急激に注目度が高まりました。2位は「巧妙化する標的型攻撃による被害の甚大化」、3位が「家庭用IoT機器のセキュリティ不備によるプライバシー侵害の更なる拡大」で、いずれも前年と同じ順位となっています。また、「時代遅れとなりつつあるパスワード認証」(6位)、「問われるサイバーセキュリティ経営の責任体制」(9位)などが新たにランクインしました。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる