サイバー速報

【速報】インフラ障害対応のためのサイバー演習を実施 NISC

2019年12月06日

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、11月8日、重要インフラ14分野(情報通信、金融、航空、空港、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油)を対象としたサービス障害対応のためのサイバー演習「2019 年度分野横断的演習」を実施しました。

14回目の「分野横断的演習」となる今回は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の期間中を想定したシナリオによる演習が行われました。開会式では、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣(サイバーセキュリティ戦略本部副本部長)橋本聖子大臣が挨拶を行い、東京大会の成功に向けたサイバーセキュリティ対策の重要性を語りました。

当日は東京・大阪の会場及び各自職場から過去最大の約 5,000名が参加し、重要インフラ事業者等における事業継続計画や官民・分野横断的な情報共有体制に関する検証を行うことにより、障害対応体制の強化を図りました。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる