ITIL NaviITガバナンス/運用管理のワンストップ情報コーナー

用語集

財務管理

2012年06月15日

財務管理とは、財務的な観点からITサービス(およびサービス提供に付随するモノ)の価値を定量的に評価(可視化)することです。財務データを使用してITサービス全体の価値を可視化することにより、ITに対する投資判断の手助けとなることを目的としています。

財務管理を構成する主な要素は、大きく分けて予算業務、会計業務、課金となります。

201512251642_3-300x0.png
 

【予算業務】
 

予算業務とはITサービスを提供するための支出を予測し、その予測した数値と実際に掛かかるコストとの差異を明確にし、監視、調整していくことです。予実の結果を客観的に評価することにより、コストオーバーしているサービスや重要性の低いサービスなどを洗い出し、ITサービスの停止や継続の意思決定を強化します。


【会計業務】
 

会計業務とはITサービスに必要なすべてのコストを明確にし、その管理方法を定めることです。必要なコストを分類し、正確なデータを作成することでITサービスに対する投資判断の裏付けとなります。
 

【課金】
 

課金とは、顧客に対して、提供するサービスの対価を請求することです。サービスに必要なコストとその付加価値を合算し、請求する価格を設定します。課金することにより、サービスプロバイダーはサービスの維持改善に対しての意識が強まり、より良いサービスの提供へと繋がっていきます。

財務管理を実現するためには

財務管理を実現するために、以下の方法を利用します。
  • サービス査定
  • サービス供給の最適化
  • 計画の信頼性の確保
  • サービスポートフォリオの確保
     

【サービス査定】
 

サービス査定とはITサービスに必要なコストを有形無形問わず洗い出し、さらにそのサービスによって生まれる付加価値を手量的に算定することです。

ITサービスに必要な主なコストを上げてみます。
  • ライセンス費用
  • 年間保守費(金銭的費用)
  • サービスの運用保守に使用された人的リソース
  • 光熱費、設備費用
  • 税金、資本費、利息
  • コンプライアンスに関わるコスト
上記以外にもそのサービスの特性によって必要なコストが変わってくるでしょう。

そしてサービスの付加価値を算出するには、以下の観点を考慮します。

顧客自身の資産(顧客がどのくらい支払限度など)
顧客が認識するサービスへの価値(顧客期待値)
サービスの有用性や保証
サービス利用による顧客が削減できるコストなど
サービス提供に必要なコストをベースラインとし、顧客にとってのメリットを定量化したものを合算し、サービスの価値として金額設定を行います。


【サービス供給の最適化】
 

サービス供給の最適化(SPO)とは提供するITサービスをより良いものにするために、別の供給方法がないか財務データを用い分析することです。例えば、他のサービスプロバイダーや代替サービスと比較し、提供するサービスの利用度が低下している場合、財務データを用いコスト構造を明確にして、提供するサービスを停止するまたは別のサービス形態に切り替える判断などが可能となります。また、サービスのコストを財務分析により明確にしているため、コストの削減やサービスの価値を高めるための判断基準としても貢献できます。これに加えてROI(Return On Investment)という指標を用いることで、サービス提供に必要な投資費用がどれくらいの利益を生んでいるかを客観的に図ることで、サービスを継続すべきか停止し、他のサービスへ投資を切り替えるかの判断材料となります。


【計画の信頼性の確保】
 

財務管理を行う一つには、サービス提供に必要な資金を確保することがある。ITサービスの資本計画を立案する際に、ITサービス提供に必要となるコストと将来の需要を、財務上の金額として算定します。その算定した金額を計画の裏付けとして利用し、適切な金額を確保します。


【サービスポートフォリオ管理】
 

サービスポートフォリオとは提供しているすべてのサービスを管理することを指します。そのサービスポートフォリオにとって重要なデータを財務管理は提供します。財務管理からサービス提供に掛かるコスト構造が明確になっているため、提供サービスが他のサービスプロバイダーの提供サービスと比較することができます。

投資の手助けとなる財務管理

財務管理導入により、提供するITサービスのコスト構造が明確にでき、さらに将来の需要を財務的に予測することが可能となります。信頼できる財務データの確保と、目的に即した財務データの作成により、提供するITサービスを定量的に評価し、適切な投資判断の手助けになるでしょう。

(文責:久野 陽一郎