ITIL NaviITガバナンス/運用管理のワンストップ情報コーナー

用語集

IT戦略

2010年08月29日

「戦略」という言葉自体が曖昧であるのに比例して、IT戦略という言葉も、やや曖昧な意味としてとらえられがちです。なお「戦略」だけに焦点をあててみますと、その意味を、以下のような言葉で説明することができます。

  • 目標を具現化させる事業の基本方針
  • 長期的な目標達成に関わる組織が向かうべき方向性や行動範囲を示すもの
  • 目標と計画の間にあるもの
  • 組織が存在し続けるために必要な競争上の優位性を作る術
ここから見えてくるキーワードは、長期、目標、達成、方針・術、です。

したがって、IT戦略とは「組織が、ITという技術をいかに活用して、組織の長期的な目標達成を目指すかの術(すべ)」と表現することができます。

IT(を使って) → どのような術で(=IT戦略) → 長期目標(を達成するのか)

様々な組織が掲げる様々なIT戦略

IT戦略は、組織によって様々です。以下は、組織によって、どのようなIT戦略を立てているかの例を示したものです。
  • 自社システムをGoogle社のシステムへ切替を行うことでコスト削減を目指す(J社)
  • 営業系(MR)にiPad1,300台を持たせ、販売促進(売上げ増)を狙う(O社)
  • 米ITサービス企業を買収し自社ITサービスを強化し、アジア保険分野市場拡大を目指す(N社)
  • 携帯に割引クーポンを配信するeクーポンを導入し、顧客を呼び込み売上げ増を狙う(M社)
  • 国民ID制度を導入し、確実かつ円滑な医療管理を実現し、合理化を狙う(日本政府)
いずれも、売上げ増、コスト削減を目指したIT戦略ですが、その内容は組織によって様々であることが分かります。

 

ITガバナンスとIT戦略の関係

ITガバナンスは、組織のIT戦略を効果的・効率的に策定し・達成させるため管理の仕組みです。

言い換えますと、IT戦略について
  • 正しい情報に基づいて適切な目標を設定できるようにする
  • 適切な目標に基づいて適切なIT戦略を設定できるようにする
  • 適切なIT戦略の履行を確実にできるようにする
  • 履行した結果から学習を行い、次の目標設定やIT戦略策定につなげられるようにする
ための仕組みがITガバナンスになります。このように、ITガバナンスとIT戦略は密接な関係にあるということができます。

(文責:勝俣 良介