サイバー速報

【速報】平成30年サイバー攻撃等の情勢を公開 標的型メールの増加傾向続く 警察庁

2019年03月15日

警察庁は3月7日、広報資料「平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」を公開しました。同資料は警察庁が検知したサイバー攻撃・サイバー犯罪の情勢等を取りまとめたもので、年2回発表されています。

資料によると、警察庁が全国の事業者と情報共有を行う「サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク」を通じて把握した平成30年の標的型メール攻撃の件数は6,740件で、平成26年から連続して増加傾向にあります。攻撃の種別を見ると、「ばらまき型」攻撃が全体の90%を占め、引き続き高い割合となりました。また、標的型メールの送信先メールアドレスについては、インターネット上で公開されていないものが全体の71%となっています。

資料ではこのほか、サイバー犯罪の検挙状況や今後の取り組みなどについてまとめています。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる