IT-BCP構築支援サービス

非常時に必要な対策を構築するIT-BCP

IT-BCPとは、事故や災害など、予期せぬ事象が発生した場合にも、重要な情報システム(ITサービス)を継続または早期復旧するための準備態勢のことです。これにより、企業にとって重要な事業・業務の中断による影響を最小限に留めることができます。

ITサービスの継続に関する施策には、「止めないための対策」と「止まったときのための対策」の2種類があります。さらに、それらの対策をいつ実施するかによっても、2種類に分類できます。IT-BCPは、「止まったときのための対策」のうち、特に「非常時に実施」するものにあたります。
201601201636_1.png

IT-BCPは下記のような流れで策定します。

現状分析

BIA(事業インパクト分析)やRA(リスクアセスメント)を通じて、現在のITを取り巻く脆弱性と、ITの継続に必要な対策を特定する

方針策定・計画

対策内容をどのように実現していくかを定めた中長期計画・実装計画立案を作る

構築・運用

方針・計画に基づいて対策を実装し、いつでも対策を実行に移せる状態にする

当社の「IT-BCP構築支援サービス」では、構築における一部のステップのみのご支援から、構築ステップの全体にわたってプロジェクトマネジメントも請け負うトータルなご支援まで、お客様のご要望に合わせてカスタマイズされたサービスをご提供いたします。

【一部のステップのみのご支援例】
  • BIA、RAなどの分析実施
  • 計画書、および上申のための資料作成
  • 実装におけるプロジェクトマネジメントおよびベンダーコントロール

「IT-BCP構築支援サービス」は、こんな方に向けたサービスです

IT部門の方
  • 「全社BCPが遅々として進まないせいで、IT-BCPも推進できずに困っている」
  • 「IT部門として最低限の責任は全うできる体制にしておきたい」
全社BCP構築・運用ご担当の方
  • 「全社BCPは進めているが、実はIT-BCPがどうなっているかよく知らない」
① 妥当性のあるIT-BCP構築計画で、経営陣と危機感の共有を図ります
BIAやRAを実施し、その結果をふまえた、IT-BCP構築計画を策定します。明確な根拠に基づいた、妥当性のある投資計画を策定できるため、お客様社内の予算上申にご活用いただくことも可能です。

経営陣と危機感を共有し、投資計画としての妥当性を評価してもらうために、このIT-BCP構築計画の策定においては、以下のようなポイントをおさえることが特長です。
 
いくら 投資したら
何が 起きたときに、何を いつまでに 復旧できます。
ただし、この投資をせずに放置した場合、 こんなこと が起こってしまいます。

② 優先度に応じた「現実解」を導き出し、IT部門の責任範囲を明確にします
予期せぬ事故や災害によりITが止まってしまったら、残念ながら真っ先に責められるのはIT部門です。そこで、限られた予算の範囲内で選択可能な、最優先の「現実解」を特定します。この「現実解」が妥当なものであると社内で合意されれば、IT部門としての責任範囲を全うしていると言えることになります。

根拠となる情報は、BIAやRAを通して収集しますが、「現実解」の妥当性をより際立たせるために、まとめ方を工夫する必要があります。

たとえば、下記のような段階的アプローチによるIT-BCP構築中長期計画を策定します。
 
Step1: 「今すぐに」できること
Step2: 「○○円投資したら」できること
Step3: 「さらに○○円投資したら」できること

③ ブラックボックスとなっているITを「見える化」します
全社BCPに取り組まれている企業でも、「IT-BCPについてはどうなっているのかよく分からない」という声を耳にすることがあります。このような、ブラックボックスになっているITを「見える化」して、必要なIT-BCPの対策を講じることで、今のBCPの実効性を、より確かなものにします。

具体的には、BIAやRAの作業を通して下記のような事柄を特定していきます。
 
・どのIT(サーバ、端末、データ、回線 etc)が、どの業務を支えているのか
・それぞれのITの管理責任は、どの部署が担っているのか
・現状、どのような脆弱性があり、どこまで対策が採られているのか

もし、下記のような例に心当たりのある場合は、ITがブラックボックスになっている状態といえます。たとえBCPがあっても、実効性がないという恐れがありますので、早急にIT-BCPに取り組む必要があるでしょう。
  • IT部門で管理していないサーバがあるが、それが壊れてしまったときに、復旧するための手順は誰も知らない
  • 普段の端末の管理は各部門に任されているが、バックアップオフィスに緊急避難してオペレーションする場合に、端末を誰がセットアップしてくれるのか分からない

IT-BCP構築の流れ

116_ext_05_4.gif

フェーズ 主な支援項目
現状分析フェーズ ・入門勉強会 「IT-BCPとは」 の開催
・ヒアリング・調査票による現状の課題調査
・事業インパクト分析の実施
・リスクアセスメントの実施
方針策定・計画フェーズ ・IT-BCP戦略の策定
・IT-BCP構築中長期計画書の作成
・具体的なソリューション選定
・IT-BCP構築計画書の作成
構築・運用フェーズ ・対策実装におけるベンダーコントロール
・テスト・演習計画の作成
・テスト・演習実施のアドバイス
・戦略・対策・計画等の見直し
・運用におけるQA対応

お問い合わせ

contact_banner.gif

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。