リスク管理Naviリスクマネジメントのワンストップ情報サイト

リスクマネジメント速報

【速報】今後30年間のM7級地震発生確率は70% 政府地震調査委員会

2014年04月25日

4月25日、政府の地震調査委員会が、今後30年間に相模トラフ沿いに起きる地震の発生確率を発表しました。これによると、M7級(M6.7~7.3)の地震が70%程度、M8級(M7.9~8.6)は0~5%という長期評価になっています。

M7級の地震は、1703年の元禄関東地震(M8.2)から1923年の関東大震災(M7.9)までの220年間で、平均27.5年に1回の間隔で発生しています。1987年の千葉県東方沖で起きた地震を最後として計算すると、今後30年の発生確率は70%程度となるとのことです。

M8級の地震は、歴史記録や地質調査等から180~590年間隔で発生すると推定。前回の関東大震災から90年経過していることから、今後30年の発生確率をほぼ0~5%としました。元禄関東地震クラス、またはそれ以上の地震の平均発生間隔は2300年程度と想定し、今後30年間での発生確率はほぼ0%となりました。

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム