複合災害対応訓練支援サービス

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を機に、複数の災害が同時に発生する複合災害(マルチハザード)への危機感が高まってきています。特に、COVID-19の流行下において大地震(首都直下地震や南海トラフ地震)、あるいは巨大台風・集中豪雨による風水害が発生した場合、企業はどのように対応したらいいのか、悩まれている経営者、BCP担当者は多いことでしょう。

このような経験のない事態に対して、頭だけで考えてルールやマニュアルを作ろうとしても限界があります。それよりも、関係者や当事者が集まって、発生するかもしれない事態をシミュレーションして実際の動きを試してみることが、最も効果的で効率的な対策の検討につながります。

複合災害対応訓練支援サービスは、かねてよりオールハザードBCPを推奨してきたニュートン・コンサルティングが培ってきた様々な訓練実績から、複合災害発生時に起こりうる事態をシミュレーションしたシナリオを作成し、訓練自体の運営や、ウィズコロナ時代のBCP活動をご支援する訓練支援サービスです。

このようなお客様におすすめします

COVID-19の感染拡大を受け、従来の自然災害への備えだけでは複合災害には不十分であると感じている企業の皆様は少なくないでしょう。しかし、何が欠けていて何が課題なのか、ただ悩んでいるだけでは具体的な活動につなげることはできません。
そのようなときには、まず訓練を行い、現状のルールや対策にどのような課題があるのかを見つけ、対策を打つことが有効です。
本サービスは、特に下記のような不安を感じているお客様におすすめします。

  • COVID-19の流行下で、巨大地震の発生や台風の襲来があったらどうなるか不安だ
  • 自然災害が起こっているときに、IT障害やサイバー攻撃などがあったらどうすればよいかわからない
  • 地震を想定した訓練をしてきたが、そこに他の災害の要素も加えたい
  • 複合災害への対応としてまず何をすればよいのかわからない

サービスの特長

  1. それぞれの企業にあったシナリオを作成します
    企業を取り巻く環境、事業内容、業務プロセスによって、複合災害発生時に起こりうる事象は千差万別です。年間100回を超える訓練支援の実績を持つニュートンならではのノウハウから、お客様にあったシナリオを作成します。
  2. 訓練の効果を最大限にするファシリテーションを行います
    参加者自らが自発的に考え、意見交換し、最適な対応をまとめていけるよう、コンサルタントがファシリテーションを行います。
  3. 訓練直後に振り返りを実施して課題をまとめます
    訓練を行うだけでは、改善につなげることはできません。訓練直後に振り返りの時間を設け、訓練中に参加者が見つけた課題や気付きを漏れなくまとめ、対応計画を作成します。
  4. 訓練結果報告書で改善案を提示します
    訓練の準備から運営までを実施したコンサルタントが、訓練参加者自らの気づきに加え、専門的な観点から改善点を提示した訓練結果報告書をご提出します。

成果物(例)

  • 訓練シナリオ
    お客様の業種、業態、規模、業務プロセスに合わせた複合災害時のシナリオを作成します。
     
  • 訓練結果報告書
    訓練で発見された課題に加え、訓練設計時に既存のルールを評価して見つけた課題、訓練実施時の評価結果などを報告書の形に取りまとめます。

支援ステップ(例)

      

 

サービス概要 

複合災害対応訓練支援サービス

対象企業 複合災害への対応力を高めたいお客様
サービス概要 オールハザードBCPを推奨してきたニュートンの訓練実績を活かし、複合災害発生時に起こりうる事態をシミュレーションしたシナリオを作成し、訓練自体の運営や、ウィズコロナ時代のBCP活動をご支援する訓練支援サービスです。
期間 2~3ヶ月
※対象組織数や想定されるリスク数によって異なります
価格 応相談
成果物 ・訓練シナリオ
・訓練結果報告書

お問い合わせ

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる