海外子会社向け全社的リスク管理(ERM)構築サービス

最近、海外に進出される企業様が増えています。比例する形で、テロ・火災・爆発・水害・噴火・ストライキ・贈収賄・・・など、組織を脅かすリスクも増加する一方です。このような中で健全な企業経営を続けるためには、より洗練されたリスク管理の仕組みが必要です。

海外子会社向けERM(全社的リスク管理)構築サービスは、支社や支店、子会社など海外に拠点を持つ、または持つ予定のお客様において、リスク管理の仕組み導入・改善のお手伝いを提供するサービスです。

なお、ERM(全社的リスク管理)とは、リスク管理のPDCAを全社レベルで運用する仕組みを言います。部門個々の責任おいて実施しているであろうリスク管理に対して、共通基盤(枠組み)を提供し、個別最適から全体最適へと昇華させることを狙いとしています。

こんなお客様が対象です

  • 海外に子会社や支社などの拠点がある
  • 近々、海外に進出しようと思っている 

こんな悩みの解決を目指します

国内拠点のリスク管理はそこそこできているが、海外拠点までは実質的に手が回っていない、回らなそうだ…というお客様が対象です。具体的には
  • •人事・総務部が、国内にある組織・拠点の面倒を見てはいるが、海外にまであまり手が及んでいない。管理部に英語ができる人間がいないこともあり、海外を統括する部門長などに任せている。ただし、実態は海外のリスク管理に関する色々な活動が海外で働く人たち個人の裁量に委ねられており、リスクの空白地帯が生まれている。 
  • •海外の管理は、日本国内からそこそこやっているが、本当に現地のノウハウが反映されているか自信がない 
  • •それなりやれていると思うが、十分かどうか不安だ 

サービス概要

ソリューション名
ERM(全社的リスク管理)構築サービス≪海外≫

支援内容
下記事項に対する助言型(アドバイスや知識・情報提供中心)・フルサポート型(助言型の内容に加え、各種作業・研修など)のいずれかのスタイルによる支援 
  • 組織の制約事項を考慮した海外拠点におけるリスク管理の仕組みの設計 
  • 対象組織・拠点に対するリスク管理の導入支援 
  • 特定されたリスクへの具体的な解決策の提示とその導入(例:危機管理態勢整備・導入支援など) 

期間

2~5ヶ月(対象範囲やご要望の支援の深さによって異なります)

成果物(例)

海外リスク管理に必要なツール、研修テキスト、規程・基準・様式など(日英両方可)

費用

応相談
  • 対象範囲(拠点・組織)
  • 支援内容(助言型/フルサポート型)
  • 海外リスク管理の設計内容の複雑さ

構築ステップ(例)

938_ext_05_7.png

ステップ詳細

  ステップ 詳細内容
1 キックオフ
  • プロジェクトオーナーインタビュー
  • プロジェクト目的・目標・体制及び計画確認・合意
  ・組織体制
  ・海外拠点の場所・事業/業務機能
  ・現在のリスク管理の役割・責任
 ・リスクやインシデントのレポートライン
  ・リスクアセスメントおよび対応手順など

 

2 組織の状況の理解と課題解決方針の決定
  • ヒアリング及び文書精査を通じた現状の理解と課題特定
3 枠組み・プロセスの設計
  • 枠組み(全社的リスクマネジメント(ERM)が導入されている場合にはその枠組)、その他の内部統制活動との関連性の整理
  • 海外拠点のリスク管理に関する課題解決方針の決定
  • 海外拠点のリスク管理の枠組みの設計・決定
 ・海外リスク管理方針
 ・体制・役割・責任
 ・規程・基準
  • プロセス・ツールの設計
  ・リスク管理プロセス・手順
  ・リスク管理ツール
4 パイロット導入
  • 方向性とパイロット導入推進に対する合意取り付け
    • 関係者への通達
    • リスク管理プロセスのパイロット導入・実施
    • パイロット導入・実施結果によるプロセス改善
5 本格導入(展開)
  • 目標設定
    • 本格導入計画の策定
    • 導入の実施
6 運用
  • リスク対応計画の推進
7 モニタリング
  • セルフアセスメント・監査の実施
8 レビュー・見直し
  • 有効性評価の実施
  • プロセスの見直し

成果物イメージ

・リスクアセスメントツール

リスクアセスメントツール

・研修テキスト

研修テキスト

サービスの特徴

938_ext_05_9.png

【図:ニュートン・ERM・フレームワーク概念図】

  • 仕組みや手法ありき”ではなく、お客様の人的リソースの制約事項や既存プロセスの成熟度などを加味した上で、お客様に適したソリューションの選択肢をご提案いたします
  • ニュートン独自のノウハウである「ニュートン・ERM・フレームワーク」を採用しています
  • お客様のご要望に合わせて、オプションサービスもご提供できます
  • お客様のご要望に合わせて、日英両方の資料・ツール提供や海外拠点現地に足を運んでの直接のコンサルティング支援(言語:日英可)をすることもできます  
  • 次年度以降、お客様が自力で運用するためのスキルトレーニングも提供いたします
  • 海外リスク管理プロセスを導入・運用する中で発見された特定のリスクへの対応方法について、別途、ソリューションをご紹介・提供することができます

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。