SDGs導入支援サービス

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

近年、気候変動をはじめとする様々な危機の顕在化や出口の見えない貧困の問題などにより、世界レベルでの持続可能性が喫緊の課題として認識されています。そんな中、2015年に国連サミットで採択された行動計画がSDGs(Sustainable Development Goals)です。SDGsとは、世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくることを目的とした社会課題解決の共通言語です。2030年までに持続可能な社会実現に向けての17分野における具体的な目標制定を各国は求められています。

企業がSDGsに取り組む必要性

国連はSDGsの達成に向けて、国やNGOに加え、民間企業も課題解決を担う主体として位置付けています。日本政府はオールジャパンの体制を組み、2030年を目途とした目標達成に向けて、様々な取り組みを進めています。首相官邸にSDGs推進本部を設置しアクションプランを定めている他、経済産業省からもSDGs経営ガイドが公表されています。これを受け産業界では、日本経団連も企業行動憲章を「Society 5.0の実現を通じたSDGsの達成を柱」とした内容に改定しました。これにより大企業はもちろんのこと、関連するサプライチェーン全体にSDGsへの貢献が求められるようになっている、と言っても過言ではないでしょう。

また、SDGsへの取り組みは企業価値にもダイレクトに影響を及ぼすようになると言われています。近年、「ESG投資」といった言葉も頻繁に耳にするようになりました。ESGとはEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の総称であり、投資家はこれまで企業の価値を図る指標としていた業績や財務情報だけではなく、環境・社会・ガバナンスといった非財務情報も取り入れるようになっています。2016年から2018年の日本におけるESG投資の伸び率は4倍ともいわれており、既に無視できない規模になっています。ESG的価値の実現はSDGsの目標とするところと共通点が多く、SDGsに取り組むことが即ち企業のESG的観点においての価値向上につながるのです。

さらには、2015年にSDGsが採択されてから、早い段階で社会に浸透してきた背景には、先にあげた投資家意識の変化に加えて、社会貢献意識の高いミレニアム世代・ポストミレニアム世代の台頭も考えられます。この世代の消費行動や就職先選択基準には、社会貢献度合いを重視する傾向があります。つまり、社会にとってのリスクを考慮して企業活動を行わないことは、自社にとってダウンサイドリスクとなると言えます。逆に言えば、自社のSDGsにおける取り組みを明確且つ効果的に社外にPRすることは、販売戦略・人事戦略上も有効であると言えるでしょう。

SDGsに取り組むことは決して難しいことではない

SDGsは17の目標と169のターゲットで構成されており、社会課題に対するカバー範囲は多岐にわたります。そのため、事業活動と重ね合わせて取り組むことができます。
この機会にSDGsを有効活用して企業価値向上を実現し、競争力を高めていきましょう。当社では、SDGsと経営戦略の統合を本気で実現させたい企業様をお手伝いします。

SDGsの詳しい内容についてはNavi記事「『SDGsへの取り組み×ビジネス』により業界のけん引役に」をご参照ください。

このようなお客様におすすめします

下記のようなお悩みを抱えている方におすすめします。

  • SDGsに取り組みたいが、具体的に何をしたら良いかがわからない
  • SDGsと経営戦略が合致しておらず、取り組みに行き詰っている
  • 社内のキーパーソンを巻き込み、SDGsを全社に浸透させたい

サービスの特長

  1. トップから現場まで巻き込み、自社に合わせた目標を定めます
    社会課題に貢献するために自社としては何ができるのか、何をしていきたいのかについて、トップマネジメントの意志を確認し、コミットメントを取り付けます。その上で、現場のリーダーを巻き込んでワークショップ形式で業務の棚卸、実現可能な目標設定を行い、自分事化することで継続した活動へつなげます。目標を設定したら、具体的なアクションプランに落とし込みます。さらに、目標達成に向けた継続的な活動にするため、定期的にモニタリングする仕組みを導入し、PDCAを回します。
  2. 社内文化としてのSDGsの定着と実行を促進します
    SDGsの取り組みの第一歩として、既存事業と目標をつなげて発信するのは良いことですが、それが企業文化に根付いていなかったり、一度だけ発信して終了となってしまったりしては意味がありません。本サービスでは、SDGsの取り組みを定着させ、継続的な活動として実行できるよう、社内文化の醸成を図ります。

成果物(例)

  • トップインタビュー議事録
  • SDGs基本方針
  • SDGs取り組み目標分析ツール一式
  • アクションプランシート
  • SDGs運用規程

支援ステップ(例)

攻め(自社事業の価値を最大化する)と守り(課題を最小化する)の両輪を備えたSDGsに向けて、以下のステップでご支援を行います。

      

 

サービス概要

SDGs導入支援サービス

対象企業 これからSDGsに取り組もうと思っているお客様
すでにSDGsに取り組んでいるが形骸化しつつあるお客様
全社的なSDGsの取り組みができていないお客様
サービス概要 SDGsを自社の経営戦略に基づいた取り組みに紐づけ、トップから現場までが着実かつ継続的にゴール達成に向かって動くための仕組みづくりをご支援するサービスです。
期間 3ヶ月程度
価格 応相談
成果物 • トップインタビュー議事録
• SDGs基本方針
• SDGs取り組み目標分析ツール一式
• アクションプランシート
• SDGs運用規程

お問い合わせ

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる