リスク管理Naviリスクマネジメントのワンストップ情報サイト

用語集

地域防災計画

2011年08月18日

地域特性を考慮し、国の防災基本計画と連携した防災計画


地域防災計画とは、各都道府県および市町村などの地方自治体がそれぞれの地域特性を考慮して作成する防災計画のこと です。災害時に住民の生命、身体及び財産を保護することを目的として、行政が住民にどのような社会サービスを提供するのか、についての計画が記述されています。

地域防災計画の策定については、災害対策基本法(第40条)にて、国が策定する防災基本計画に準じて作成することが規定されています。国家レベルで策定が必要な防災基本計画を最上位の計画とすれば、指定行政機関および指定公共機関が策定する「防災業務計画」を中位、地方自治体が策定する「地域防災計画」は行政機関が策定する下位 の防災計画と言えます。

354_ext_05_1.gif

<出典:総務省消防庁ウェブサイトを基にニュートン・コンサルティングにて作成>

災害の種類毎に作成

地域防災計画の内容は、震災対策編や風水害対策編など、災害の種類毎に作成されることが一般的であり、それぞれの計画は災害発生後の時間経過に合わせて、災害予防、災害応急対策、災害復旧・復興の3つの対応段階から構成されます。
例えば東京都では、「震災編」「風水害編」「火山編」「大規模事故編(大規模事故編、原子力災害編)」が作成されていますが、主な記述内容は以下の通りとなっています。
# 構成 内容
1 総則
  • 計画の方針
  • 被害想定
  • 減災目標
  • 知事、都民及び事業者の基本的責務
  • 都、駆使町村及び防災機関の役割、など
2 災害予防
(災害発生前の対策)
  • 地震に強い都市づくり
  • 施設構造物の安全化
  • 出荷、延焼等の防止
  • 応急活動拠点等の整備
  • 地域防災力の向上
  • ボランティア等との連携・協働
  • 防災運動の推進
  • 事業継続計画の策定
  • 地震に関する調査研究、など
3 災害応急対策
(災害発生直後の対策)
  • 初動体制
  • 情報の収集・伝達
  • 応援協力・派遣要請
  • 警備・交通規制
  • 緊急輸送体制
  • 救助・救急対策
  • 消防・危険物対策
  • 医療救護等対策
  • 避難者対策
  • 外出者対策
  • 外国人支援対策
  • 飲料水・食料・生活必需品の供給
  • ゴミ処理・トイレの確保及び
    し尿処理・がれき処理
  • 遺体の取り扱い
  • 水防・津波対策
  • ライフライン施設の応急・復旧対策
  • 公共施設等の応急・復旧対策
  • 応急生活対策
  • 災害救助法の適用
  • 激甚災害の指定
  • 激甚災害の指定、など
4 災害復旧・復興
(災害発生後の対策)
  • 復興の基本的な考え方
  • 復興本部
  • 震災復興計画の策定
  • 復興の全体像
  • 地域力を活かした分野別の復興プロセス、など
各都道府県の策定状況を見ると、我が国に潜む災害リスクの傾向が見えてきます。
  • 震災対策については47団体(全ての都道府県で作成済)
  • 風水害対策については29団体
  • 原子力災害対策については23団体
  • 林野火災対策については18団体
  • 火山災害対策については16団体
  • 雪害対策については12団体
*平成14年7月現在

地震を前提とした震災対策は全都道府県で策定されており、地震の危険性は全都道府県が抱えているリスクといえるでしょう。市区町村レベルでも1750の団体のうち、1192の団体が震災対策についての記述(※)をしています、また台風などを想定した風水害対策も29団体で作成されており、海に囲まれ、台風の被害地域が万遍なく広がっている我が国の特徴を反映しています。
※消防庁「地方防災行政の現況」より抜粋。平成22年4月1日現在。

見直し・改訂については都度実施

各自治体の防災会議が毎年見直しの検討を行い、必要があると認めるときに計画を修正します。

大規模な見直しとしては過去、阪神大震災を契機に全国規模で見直しが行われ、翌年の平成17年4月1日までに、都道府県においては全団体が見直しを完了しています。東日本大震災でも災害時に被災者への供給を目的としたガソリンなどの燃料の備蓄が進んでいなかった、など改善点が見つかっており、大きな見直しが進んでいくことが予想されます。

東京都では「都政運営の新たな戦略」を平成23年5月27日発表し、東日本大震災を踏まえた防災対策の見直しの一環として、平成24年度の夏に地域防災計画を修正することを明言しています。

地域防災計画は各地方自治体のウェブサイトで閲覧が可能ですが、平成17年7月より各都道府県の地域防災計画をデータベース化した「地域防災計画データベース」の運用も開始されています。詳しくは以下のリンクを参照ください。

企業のリスク管理には必須の情報源

計画のなかには過去に発生した災害や被害想定がまとめられており、リスク管理やBCPを策定するうえで、必ず確認すべき内容が数多く含まれています。自社の地域では過去どのような災害があり、今後、災害の発生が想定されているのか、その際の行政の対応はどうなっているのか、また基本的な項目として近くの避難場所や医療機関の場所など有益な情報が盛り込まれており、一度確認されることを強くお勧め致します。

(文責:内海 良

小冊子プレゼント

リスクマネジメントにかかわる小冊子PDFを無料でダウンロードいただけます。

情熱コンサルタント宣言

私たちは「本当にお客様の役に立ちたい!」という熱い心を持ったコンサルタント集団です。真の意味でお客様の礎となる支援をいたします。

新着コンサルタントコラム