リスク管理Naviリスクマネジメントの情報サイト

2022年版「グローバルリスク報告書」を公表 世界経済フォーラム

掲載:2022年01月17日

リスクマネジメント速報

         
目次

世界経済フォーラム(World Economic Forum)は1月11日、2022年版の「グローバルリスク報告書」を公表しました。毎年、年次総会(ダボス会議)の前に公表しているもので、今年で17年目になります。報告書では、新型コロナウイルスのパンデミックは世界各国・地域によって状況が大きく異なるため、世界の分断が深刻化する懸念を示しています。

パンデミックからの回復にはワクチン接種率などの影響を受けるため、接種率が高い国とそうではない国とで格差が広がっています。そのため、不均衡な回復によって「異なる優先順位と政策を出現させる危険がある」と指摘しています。

深刻度の観点で見た今後10年間の最も重大なリスクとしては「気候変動対策の適応(あるいは対応)の失敗」を第一に挙げています。2位には「異常気象」、3位は「生物多様性の喪失」と上位を環境問題が占め、4位は「社会的結束の浸食」、5位には「生活破綻(生活苦)」と社会問題が続きました。

同報告書は世界の有識者へ実施したグローバルリスクに関する意識調査を基に、主要なリスクを分析してまとめています。意識調査では、2024年に向けて世界的な回復が加速すると回答したのは約1割で、大多数の有識者が今後3年間の世界的な回復は不安定で不均衡なものになると回答したとしています。

 

当社のWebサイトでは、サイト閲覧時の利便性やサイト運用および分析のため、Cookieを使用しています。こちらで同意をして閉じるか、Cookieを無効化せずに当サイトを継続してご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなされます。
同意して閉じる